ベラドル・アブドゥライモフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ベラドル・アブドゥライモフ Football pictogram.svg
名前
本名 Berador Khasanovich Abduraimov
ロシア語 Берадор Хасанович Абдураимов
基本情報
国籍  ウズベキスタン
生年月日 (1943-05-14) 1943年5月14日(75歳)
出身地 タシュケント
身長 176cm
体重 75kg
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1960-1964 ソビエト連邦の旗 パフタコール 85 (20)
1964 ソビエト連邦の旗 スパルタク・モスクワ 1 (0)
1964-1968 ソビエト連邦の旗 パフタコール 152 (50)
1969-1970 ソビエト連邦の旗 CSKAモスクワ 38 (8)
1970-1974 ソビエト連邦の旗 パフタコール 122 (61)
1976 ソビエト連邦の旗 メリオラトール・ヤンギイェル ?? (11)
監督歴
1987-1988 パフタコール
1989 スパルタク・アンディジャン
1991 ウミード・タシュケント
1992 ナフバホール・ナマンガン
1993 MHSKタシュケント
1994  ウズベキスタン
1995 ナフバホール・ナマンガン
1998 キジルクム・ザラフシャン
1999 スルハン・テルメズ
2002 FCウズベキスタン
2003 ディナモ・サマルカンド [1]
2004- FKヤッシ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ベラドル・ハサノヴィチ・アブドゥライモフ (ラテン文字:Berador Khasanovich Abduraimov、ロシア語: Берадор Хасанович Абдураимов1943年5月14日 - ) は、ウズベク・ソビエト社会主義共和国タシュケント出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者である。現役時代のポジションはFWウズベク人として初めてソビエト連邦サッカーリーグ1部の得点王を獲得した人物であり、ウズベキスタンで最も有名なサッカー選手である[2]。「ベラダル・アブドゥライモフ」と表記されることもある。

キャリア[編集]

アブドゥライモフは1959年にウズベキスタンのユースサッカーチームでそのキャリアを開始する。1959年、彼は当時ソビエト連邦サッカーリーグ1部に所属していたパフタコールでプレーするようになる。1962年、アブドゥライモフは19歳にしてスポーツマスターとなる[3]。パフタコールは1962年のソ連リーグを6位で終えた。

アブドゥライモフはパフタコールのほかにスパルタク・モスクワCSKAモスクワ、FKヤンギイェルなどでプレーした。アブドゥライモフはグリゴリー・フェドートフ・クラブ英語版クラブ200・ベラドル・アブドゥライモフ英語版の会員でもある。クラブ200・ベラドル・アブドゥライモフは2001年にウズベキスタンサッカー連盟とウズベキスタンのサッカー雑誌「Nash Futbol」が主導して作成された会で、彼の功績をたたえて設立された[4]。彼は自身のキャリアにおいて合計221ゴールを挙げた。パフタコールで358試合に出場しており、これは現在でもクラブ最多記録である[5]

彼の息子であるアザマト・アブドゥライモフもまたプロサッカー選手としてプレーした。

国際大会[編集]

1961年、彼はソビエト連邦の年代別代表チームに選出され、ルーマニア代表相手に得点を挙げた。また、1967年にはモントリオールで開催された国際大会にサッカーソビエト連邦代表オリンピックチーム (実質A代表に相当[2]) の一員として参加し、得点を挙げている[6]

監督[編集]

アブドゥライモフは引退後パフタコールの子供向けスポーツスクールの監督から監督のキャリアを開始する。1987年、彼はパフタコールのトレーナーに就任する。1994年にはサッカーウズベキスタン代表の監督に就任、日本で開催されたアジア競技大会でウズベキスタン代表を優勝に導いた。

獲得タイトル[編集]

クラブ[編集]

個人タイトル[編集]

監督[編集]

脚注[編集]