ベラ・フレック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ベラ・フレック
bespectacled man in shirtsleeves playing banjo
ベラ・フレック(02/09/2007)
生誕 ベラ・アントン・レオス・フレック
(1958-07-10) 1958年7月10日(61歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市
配偶者 アビゲイル・ウォッシュバーン
子供 男子 (2013)[1]
音楽家経歴
ジャンル ジャズ, ジャズフュージョン, ブルーグラス, フォーク, クラシック, ワールド・ミュージック, ロック, フォークロック
職業 ミュージシャン, ソングライター, 作曲家
担当楽器 バンジョー, ギター, ドブロ, フラットマンドリン, セラミン, ピアノ
活動期間 1976–
レーベル Rounder, Warner Bros., Sony Classical, Rhino
共同作業者 ベラ・フレック&フレックトーンズ, デイブ・マシュー・バンド, トリオ!, チック・コリア, Strength in Numbers, ニューグラス・リバイバル, スパロウ・カルテット, アビゲイル・ウォッシュバーン, エドガー・メイヤー, クリス・シーリ
公式サイト belafleck.com
著名使用楽器
Deering Crossfire electric banjo with custom pickups and synthesizer pickup
補足

ベラ・アントン・レオス・フレック(Béla Anton Leoš Fleck, 1958年6月10日 - )はアメリカのバンジョープレイヤー。 世界で最も革新的で技巧的なバンジョープレイヤーの一人として知られ、[3] ニューグラス・リバイバルやベラ・フレック&フレックトーンズといったバンドでの活動でも広く知られている。

キャリア[編集]

ベラ・フレックはニューヨークに生まれ、ハンガリーの作曲家バルトーク・ベーラ、オーストリアの作曲家アントン・ヴェーベルン、チェコの作曲家レオシュ・ヤナーチェクの三人の名から名づけられる。[4] フレックは元教師の母親の手によって育てられ彼が40代になるまで父親と出会うことは許されなかった。フレックはテレビ番組"じゃじゃ馬億万長者"のテーマソングになっていた、アール・スクラッグスの演奏を聴き、バンジョーに興味を持つ。1973年、彼が15歳の時に祖父から、彼にとって初めてのバンジョーを贈られる。[5][6] その後、フレックはニューヨークの音楽芸術高校に入学し、ホルンを学ぶ。また、彼は、トニー・トリシカの下でバンジョーを習う学生でもあった。

高校卒業後すぐに、フレックはタスティー・リックスのバンドメンバーであるジャック・トットル、パット・エンライト、マーク・シャッツとの演奏のためにボストンに行った。この間の1979年、フレックはファースト・ソロアルバム"Crossing the Tracks"をリリース。このアルバムは彼のプログレッシブ・ブルーグラス作曲への最初の冒険であった。

フレックはベーシストのマーク・シャッツと共にボストンのストリートで演奏を行った。フレックとシャッツは1981年、ギタリストでボーカルのグレン・ローソン、マンドリン弾きのジミー・グッドローと共に、"スペクトラム"を結成。同年、サム・ブッシュがフレックをニューグラス・リバイバルへと勧誘。フレックは、そこから9年の間、ニューグラス・リバイバルで演奏をすることとなる。1987年には、新しいソロアルバム"Drve"をリリース。このアルバムは1988年にグラミー賞の新しい部門であった、ベスト・ブルーグラス・アルバムを受賞する。

1980年代、フレックとブッシュは、しばしばドック・ワトソンやメール・ワトソンと共に、様々なブルーグラス・フェスで演奏を行った。最も有名なものは、テルライド・ブルーグラス・フェスである。

ベラ・フレック&フレックトーンズ[編集]

フレック(右)と ビクター・ウッテン

1988年、ベラ・フレックとビクター・ウッテンは、キーボード兼ハーモニカ奏者のハワード・レヴィと、ウッテンの兄弟でパーカッションのロイ・フューチャーマン・ウッテンとともに、ベラ・フレック&フレックトーンズを結成。彼らは何枚ものアルバムをレコーディングしたが、中でもセカンドアルバムの"Flight of the Cosmic Hippo"はビルボードのコンテンポラリー・ジャズアルバムチャートで1位を達成する。これにより、ジャズやロック、フュージョンでのファンを増やした。
レヴィは1992年にバンドを去り、しばらくはトリオで活動。
その後、1997年にサクソフォンのジェフ・コフィンが加入し、1998年のアルバム"Left of Cool"から参加。
2008年、コフィンがバンドを去り、代わりのサクソフォンとして、デイブ・マシュー・バンドからリ・ロイ・ムーア(2008年8月19日死去)が加入。
2009年にはハワード・レヴィが再び加入。
2011年には、ベラフレックとオリジナルメンバーで『Rocket Science』をレコーディングし、ツアーも行う。

フレックトーンズとともに、フレックは数度、グラミー賞を受賞している。

その他の活動[編集]

フレックはアスリープ・アット・ザ・ホイールアリソン・ブラウン、エドガー・メイヤーと共にグラミー賞を受賞している。またフレックは、他のミュージシャンとの共演で、カントリー、ポップ、ジャズブルーグラスクラシックフォークスポークン・ワード作曲編曲でも受賞している。[7] 

2001年、フレックは長年の友人で演奏のパートナーであるエドガー・メイヤーと"Perpetual Motion"をレコーディング。このアルバムは、フレックのバンジョーと、ジョン・ウィリアムズエヴェリン・グレニージョシュア・ベル、ゲイリー・ホフマンといったゲストらとのクラシック原曲の演奏が収録されている。このアルバムの楽曲はショパンエチュード Op. 10 No. 4 in C# minor、ドビュッシー子供の領分パガニーニ常動曲 (ヨハン・シュトラウス2世)やベートーベンのピアノソナタ第14番 (ベートーヴェン)、ショパンのマズルカが2曲、それと2曲のドメニコ・スカルラッティソナタなどである。このアルバムは、2002年のグラミー賞でベスト・クラシカル・クロスオーバー・アルバムと"子供の領分"の編曲でベスト・アレンジメントに輝いた。フレックとメイヤーはバンジョーとベースの協奏曲を作曲し、ナッシュヴィル交響楽団とともに演奏を果たした。[7] フレックとメイヤーは後に、タブラ奏者のザキール・フセインを加えた、トリオの協奏曲を作曲した。協奏曲は2006年のナッシュビルで公演し、後にアルバム"The Melody of Rhythm"に収録。トリオはその後2009年、2010年にツアーを行った。

フレックは自身が影響を受けた人物として、チック・コリアチャーリー・パーカー、そして前述のアール・スクラッグスを挙げる。[8] フレックはスクラッグスをスリーフィンガー・ピッキング奏法における「間違いなく最高の」バンジョー弾きとしている。[5]

ソロでの活動とフレックトーンでの活動で、フレックは High Sierra Music Festival, テルライド・ブルーグラス・フェス、 マール・フェス, モントリオール国際ジャズフェスティバル, トロント・ジャズ・フェス、Newport Folk Festival, Delfest, オースティン・シティ・リミッツ・ミュージック・フェスティバル, Shakori Hills, ボナルー・フェスティバルニューオーリンズ・ジャズ&ヘリテッジ・フェスティバルなどに出演している。

また、フレックはサイドマンとして、トニー・ライス、デイブ・マシュー・バンド、ジンジャー・ベイカーフィッシュなどと共演もしている。。フレックトーンの休みの間、デイブ・マシュー・バンドとともに、32:03にわたるDMB史上で最長の演奏を行った。フレックはデイブ・マシュー・バンドの1998年のアルバム"Before These Crowded Streets"に収録された"Don't Drink the Water"を含む3曲に参加。[9]

2005年、フレックトーンズの休止中に、フレックはいくつかの新しい試みを始めた。アフリカ伝統音楽家とのレコーディング、フレックトーンズの17年の活動と再結成についてのドキュメンタリー映画"Bring it Home"の共同執筆、アビゲイル・ウォッシュバーンのアルバム"Song of the Traveling Daughter"の共同プロデュース、ジャン=リュック・ポンティスタンリー・クラークと共にアコースティック・フュージョン・スーパートリオの結成、スパロウ・カルテットのメンバーとして、ウォッシュバーン、ベン・ソリー、ケイシー・ドリーセンとのレコーディング。

フレックとチック・コリアとの演奏。05/01/2008

2006年末、フレックはチック・コリアと共にアルバム"The Enchantment"をレコーディングし、2007年5月にリリース。[10]フレックとコリアは2007年にツアーを行う。

ベラ・フレックのでのローリー (ノースカロライナ州)での演奏。06/06/2011

2007年6月、ウィニンペグ・フォーク・フェスで、マリ出身のコラ奏者のトゥマニ・ジャバテとともに共演。2009年のボナルー音楽芸術祭でも共演する予定。[]

フレックは、バンジョーの先祖である楽器マリアン・ンゴニの奏者、Cheick Hamala Diabate.とも共演している。

2007年12月、ドイツでAIDSの知名度を高めるため、チャリティーコンサートを開催。また、彼にとって最大のコンサートを2007年の12月1日にスイスのGrosse Halle Bernを開催。[]

2007年、アメリカツアーの間、クリスマスアルバム"ジングル・オール・ザ・ウェイ"のために、トゥバ共和国の合唱団アラッシュ・アンサンブルとともにフレックトーンズは三曲をレコーディング。2008年の12月末、と2009年12月に、アラッシュ合唱団とフレックトーンズはアルバムのプロモートのためにツアーを行った。[11] アルバムは、2009年のグラミー賞でベスト・ポップ・インストゥルメンタル・アルバムを受賞。

2008年6月13日、ブルーグラスの重鎮サム・ブッシュ、ルーク・ブラ、エドガー・メイヤーブライアン・サットンジェリー・ダグラスらとともにブルーグラス・オールスターズの一員としてボナルー音楽芸術祭で演奏。翌日、フレックはアビゲイル・ウォッシュバーン、スパロウ・カルテットと共に、同フェスで演奏。[]

2009年、フレックがウガンダ、タンザニア、ガンビア、マリを訪ねたドキュメンタリー映画をリリース。"Throw Down Your Heart"は、フレックの義兄のサッチャ・パラディーノが監修。[]

2011年9月22日、フレックはナッシュヴィル交響楽団との初公演をナッシュビルで行う。。[]

フレックはジョアニー・バルテルのバンジョープレイヤーである。[]

生活[編集]

フレックと妻のアビゲイル・ウォッシュバーンのデュオ。2010年、シャコリー・ヒル・フェス。

フレックはバンジョー奏者のアビゲイル・ウォッシュバーンと結婚。[4] ウォッシュバーンはナッシュビルのスクエアダンスで出会う。その時、彼女は踊っていて、フレックは演奏をしていた。[12] フレックはウォッシュバーンの1stソロアルバムをプロデュース。[13] ドリーセンは「聖なるバンジョーの皇帝」となるだろうフレックの後継者が生まれるとジョークを言い、2009年5月にはウェブサイト"the Bluegrass Intelligencer "が、ウォッシュバーンとフレックの婚約を「戦略的結婚」として掲載。[14] 2010年2月、アスペン・タイムスはウォッシュバーンがフレックの妻であることを報告。[15] 2013年5月19日、ナッシュビルでウォッシュバーンは男子を出産。[1]

メディア出演[編集]

ディスコグラフィ[編集]

Accolades[編集]

Grammy awards and nominations[編集]

Béla Fleck has been nominated in more categories than any other musician in Grammy history.[17]

Year Award Work Result[18]
1986 Country Instrumental "Seven By Seven" (from New Grass Revival by New Grass Revival) ノミネート
1987 Country Instrumental "Metric Lips" (from Hold to a Dream by New Grass Revival) ノミネート
1988 Bluegrass Album Drive ノミネート
1989 Country Instrumental "Bigfoot" (from Friday Night in America by New Grass Revival ノミネート
1990 Jazz Album Béla Fleck & The Flecktones ノミネート
Jazz Instrumental ??? ノミネート
1991 Jazz Album Flight of the Cosmic Hippo ノミネート
Jazz Instrumental "Blu-Bop" ノミネート
1992 Jazz Instrumental "Magic Fingers" (from UFO Tofu) ノミネート
1994 Spoken Word For Children The Creation by Amy Grant ノミネート
1995 Best Country Instrumental Performance "Hightower" by Asleep at the Wheel with Béla Fleck and Johnny Gimble 受賞
Country Instrumental "Cheeseballs in Cowtown" (from The Bluegrass Sessions: Tales from the Acoustic Planet, Vol. 2) ノミネート
1996 Best Pop Instrumental Performance "The Sinister Minister" by Béla Fleck and the Flecktones (with Sam Bush & Paul McCandless) 受賞
World Music Tabula Rasa ノミネート
1998 Best Instrumental Composition "Almost 12" by Béla Fleck and the Flecktones 受賞
Pop Instrumental "Big Country" (from Left of Cool) ノミネート
Country Instrumental "The Ride" (from Restless on the Farm by Jerry Douglas) ノミネート
1999 Bluegrass Bluegrass Sessions ノミネート
2000 Best Contemporary Jazz Album Outbound by Béla Fleck and the Flecktones 受賞
Best Country Instrumental Performance "Leaving Cottondale" by Alison Brown and Béla Fleck 受賞
Pop Instrumental "Zona Mona" (from Outbound) ノミネート
2001 Best Instrumental Arrangement Doctor Gradus Ad Parnassum from Children's Corner Suite (Debussy) by Béla Fleck and Edgar Meyer 受賞
Best Classical Crossover Album Perpetual Motion by Béla Fleck with Edgar Meyer, Joshua Bell, and others 受賞
2003 Country Instrumental Performance "Bear Mountain Hop" (from The Country Bears Soundtrack) ノミネート
2005 Country Instrumental "Who's Your Uncle" (from Best Kept Secret by Jerry Douglas) ノミネート
Contemporary Jazz Album Soulgrass by Bill Evans ノミネート
2006 Best Contemporary Jazz Album The Hidden Land by Béla Fleck and the Flecktones 受賞
Pop Instrumental "Subterfuge" (from The Hidden Land) ノミネート
2009 Best Pop Instrumental Album Jingle All The Way by Béla Fleck and the Flecktones 受賞
Country Instrumental Performance "Sleigh Ride" (from Jingle All The Way) ノミネート
2010 Best Pop Instrumental Performance "Throw Down Your Heart" by Béla Fleck 受賞
Best Contemporary World Music Album Throw Down Your Heart by Béla Fleck 受賞
Best Classical Crossover Album The Melody of Rhythm ノミネート
2011 Best Contemporary World Music Album Throw Down Your Heart, Africa Sessions Part 2: Unreleased Tracks by Béla Fleck 受賞
2012 Best Instrumental Composition "Life in Eleven" by Béla Fleck and Howard Levy 受賞
2016 Best Folk Album Béla Fleck & Abigail Washburn 受賞

参考文献[編集]

  1. ^ a b Watts, Cindy (2013年5月22日). “Bela Fleck, Abigail Washburn welcome baby boy”. The Tennessean. Gannett. 2013年5月23日閲覧。
  2. ^ “Béla Fleck”. Contemporary Musicians. 47. Detroit: Gale. (2004). Gale Document Number: GALE|K1608004009. http://ic.galegroup.com/ic/bic1/ReferenceDetailsPage/ReferenceDetailsWindow?failOverType=&query=&windowstate=normal&contentModules=&display-query=&mode=view&displayGroupName=Reference&limiter=&currPage=&disableHighlighting=true&displayGroups=&sortBy=&search_within_results=&p=BIC1&action=e&catId=GALE%7CAAA000198399&activityType=&scanId=&documentId=GALE%7CK1608004009&source=Bookmark&u=fairfax_main&jsid=afadc114f2805461671ff52d719b3067 2015年3月12日閲覧。.  Biography in Context.
  3. ^ Bela Fleck”. Rhapsody. 2013年8月8日閲覧。
  4. ^ a b Béla Fleck + Abigail Washburn - Beauty in Banjo and in Life”. On Being with Krista Tippett (2015年7月2日). 2015年9月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月3日閲覧。
  5. ^ a b American Roots Music : Oral Histories – Bela Fleck”. PBS. 2013年8月8日閲覧。
  6. ^ Torkington, Nathan (1996年4月21日). “Interview with Bela”. Front Range Internet, Inc. (FRII). 1999年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2116年6月21日閲覧。
  7. ^ a b Béla Fleck, Official Biography
  8. ^ Interview on Béla Fleck & the Flecktones 2000 DVD, “Live at the Quick”
  9. ^ Decurtis, Anthony.
  10. ^ Levine, Doug (2007年4月24日). “Chick Corea, Bela Fleck Collaborate on New CD”. VOA News (Voice of America). オリジナルの2009年1月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090124233626/http://www.voanews.com/english/archive/2007-04/2007-04-24-voa68.cfm 2009年1月1日閲覧。 
  11. ^ Alash To Tour With The Flecktones”. Fotuva.org (2009年11月8日). 2016年4月23日閲覧。
  12. ^ Laskowski, Christine (2010年7月8日). “American Roots & a Love for China: Abigail Washburn Returns”. Blog. The Beijinger. 2010年12月10日閲覧。
  13. ^ Stowe, Stacey (2007年8月5日). “Erin Torneo and Sascha Paladino”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2007/08/05/fashion/weddings/05vows.html 2010年12月10日閲覧. "The band, consisting of the bridegroom's half brothers, Louie Fleck and Béla Fleck; the bridegroom's father, Joe Paladino; and Abigail Washburn, Béla Fleck's girlfriend, performed "Two of Us" by the Beatles." 
  14. ^ Strategic Marriage Will Consolidate Power Within Single Banjo Sovereignty: Fleck, Washburn promise male heir, Holy Banjo Emperor”. Bluegrass Intelligencer. Nashville: bluegrassintelligencer.com (2009年5月28日). 2010年12月10日閲覧。
  15. ^ Oksenhorn, Stewart (2010年2月4日). “Banjoist Béla Fleck brings his Africa Project to Aspen”. The Aspen Times (Swift Communications). http://www.aspentimes.com/article/20100204/AE/100209910 2010年12月10日閲覧. "A year ago, Fleck appeared in Aspen as a member of the Sparrow Quartet, an ensemble led by fellow banjoist (and Fleck's girlfriend at the time, now his wife) Abigail Washburn that mixed Chinese folk songs, Appalachian gospel tunes, blues and more." 
  16. ^ Béla Fleck Brings Banjo from Front Porch to World Stage” (2013年7月1日). 2014年9月11日閲覧。
  17. ^ Awards : Grammy Awards and Nominations”. Mywebpages.comcast.net. 2007年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月8日閲覧。
  18. ^ GRAMMY.com” (2009年2月8日). 2009年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2116年6月21日閲覧。

さらに読む[編集]

  • Gray, Michael (1998). "Béla Fleck". In The Encyclopedia of Country Music. Paul Kingsbury, Editor. New York: Oxford University Press. pp. 174–5.