ベリア (新聞)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ベリア
Berria Logo.svg
種別 日刊紙
判型 コンパクト版
所有者 エウスカル・エディトレアS.L.
編集者 マルチェロ・オタメンディ
設立 2003年6月21日
言語 バスク語
本社所在地 バスク自治州ギプスコア県アンドアイン
ウェブサイト www.berria.eus

ベリア(バスク語: Berria)は、スペインバスク自治州ギプスコア県に本社を置く日刊紙(一般紙)。紙名は「ニュース」の意味。完全にバスク語のみで紙面が構成されている唯一の日刊紙である。バスク自治州のみならず、ナバーラ州フランス領バスクも含めたバスク地方全域で購読することができる。

歴史[編集]

それまでもスペイン語バスク語の二言語で発行される新聞は存在したが、1990年にはバスク語のみで紙面を構成する初の日刊紙としてエグンカリア(Egunkaria)が創刊された。エグンカリアはスペイン・バスクフランス領バスクのそれぞれで購読することができたが、2003年2月20日、全国高等裁判所英語版判事のフアン・デル・オルモ[1]の命を受けた治安警備隊がエグンカリアの本社に踏み込み、資料やパソコンなどを押収し、編集部門の10人を逮捕した。エグンカリアはバスク祖国と自由(ETA)との関与が指摘され[2]、スペイン政府によって発行を禁じられたが、多くの人々はスペイン政府によるバスク語の言論の自由への攻撃だと解釈した[3]。7年後の2010年4月、エグンカリアの編集部門は証拠不十分によって無罪を宣告された[4][5]

エグンカリアの家宅捜索後、後継の新聞社としてバスク自治州ギプスコア県アンドアインベリアが設立され、2003年6月21日に第1号が発行された。拠点はアラバ県ビトリア=ガステイスナバーラ州パンプローナビスカヤ県ビルバオフランス領バスクラブールバイヨンヌにも存在する。ベリアは週6日発行され、月曜日が休刊日である。

バスク語とスペイン語による新聞
1977年エギン創刊、1998年エギン発行禁止処分、1998年ガラ創刊
バスク語のみによる新聞
1990年エグンカリア創刊、2003年エグンカリア発行禁止処分、2003年ベリア創刊

関連項目[編集]

脚注[編集]