ベルギー時間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ベルギー時間(ベルギーじかん)では、ベルギー標準時について記す。ベルギーでは標準時として、中央ヨーロッパ時間UTC+1)が使用されている。また、3月の最終日曜日(2:00 CET)から10月の最終日曜日(3:00 CEST)までの期間は夏時間を実施する。夏時間への移行日は他のヨーロッパ諸国と同じである。

法的根拠[編集]

現在のベルギーの標準時の法的根拠は、2018年6月11日に制定された法律で「ベルギーの法定時間の基準として協定世界時(UTC)を導入する」(ベルギー官報英語版、2018年9月10日)[1]、と定めている。この法律の第2条では、法定時間は、冬時間はUTC+60分、夏時間はUTC+120分と定めている。この新法によって、ベルギーでの時間の統一を定めた1892年4月29日の法とそれを改正した1920年2月7日の法が廃止された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Moniteur Belge - Belgisch Staatsblad”. www.ejustice.just.fgov.be. 2019年2月19日閲覧。