ベルトラメリ能子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ベルトラメリ 能子(べるとらめり よしこ、1903年4月1日 - 1973年8月2日)は、昭和時代の声楽家ソプラノ歌手

1903年(明治36年)4月1日生まれ。茨城県多賀郡平潟町出身。旧姓は鐵(てつ)。

8歳頃から東京で育つ。 東京音楽学校(現・東京芸術大学)卒業後アドルフォ・サルコリに師事、三浦環の妹弟子でもあった。高輪尋常小学校で教師をしながら山田耕筰に師事。

1922年大正11年)オペラ研究のため、イタリアに留学。 ナポリに3年、後にローマに移り、国立音楽学校でオットリーノ・レスピーギなどに理論を、ベリット・ド・ラビカらに声楽を学んだ。

ローマでイタリアの詩人アントニオ・ベルトラメリイタリア語版と恋におち、1928年(昭和3年)結婚。 1930年(昭和5年)に夫と死別、1931年(昭和6年)一時帰国して日本コロムビア専属歌手となり独唱会などを開いた。

1932年(昭和7年)再渡伊、1935年(昭和10年)帰国。 帰国後は鎌倉に住み、ベルカント唱法の日本普及に貢献するなど、教育活動に尽力した。

1959年(昭和34年)国立音楽大学専任講師。 1964年(昭和39年)同大学教授。

1973年(昭和48年)8月2日死去。享年70歳。著作に「イタリア歌曲集」(音楽之友社、1956〜58年)がある。