ベルトラメリ能子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ベルトラメリ能子
出生名 鐡能子
生誕 (1903-04-01) 1903年4月1日
出身地 茨城県の旗 茨城県 平潟町
死没 (1973-08-02) 1973年8月2日(70歳没)
学歴 東京音楽学校 卒業
ジャンル ソプラノ歌手
職業 声楽家
音楽学者
事務所 日本コロムビア

ベルトラメリ 能子(べるとらめり よしこ、1903年4月1日[1][2] - 1973年8月2日[1][2])は、日本声楽家ソプラノ歌手

1903年(明治36年)4月1日生まれ。茨城県多賀郡平潟町(現・北茨城市)出身[1]。旧姓は鐵(てつ)[2]

8歳頃から東京で育つ[2][3]東京音楽学校(現・東京芸術大学)卒業[2][3]アドルフォ・サルコリに師事[1][2]三浦環の妹弟子でもあった[1]高輪尋常小学校で教師をしながら山田耕筰に師事[2][3]

1922年大正11年)オペラ研究のため、イタリアに留学[1][2]ナポリに3年、後にローマに移り、国立音楽学校でオットリーノ・レスピーギなどに理論を、ベリット・ド・ラビカらに声楽を学んだ。

ローマでイタリアの詩人アントニオ・ベルトラメリイタリア語版と出会い、のちに結婚[注 1] 。1930年(昭和5年)に夫と死別、1931年(昭和6年)一時帰国して日本コロムビア専属歌手となり独唱会などを開いた。

1932年(昭和7年)再渡伊、1935年(昭和10年)帰国[1][2]。帰国後は鎌倉に住み[1][2]ベルカント唱法の日本普及に貢献するなど、教育活動に尽力した。

1959年(昭和34年)国立音楽大学専任講師[2][3]。1964年(昭和39年)同大学教授[2][3]

1973年(昭和48年)8月2日死去。享年70歳。著作に「イタリア歌曲集」(音楽之友社、1956〜58年)がある。

門下生[編集]

演じた俳優[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1927年(昭和2年)説[2]1928年(昭和3年)説[1]がある

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i ベルトラメリ能子”. コトバンク「20世紀日本人名事典」. 2021年1月24日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 江刺昭子、史の会編『時代を拓いた女たち 第2集 かながわの111人』神奈川新聞社、2011年、190-191頁。ISBN 978-4-87645-475-4。
  3. ^ a b c d e ベルトラメリ能子”. コトバンク「新撰 芸能人物事典 明治~平成」. 2021年1月24日閲覧。