ベルナニマルキュラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ベルナニマルキュラ
生息年代: 600–580 Ma
エディアカラ紀
分類
ドメ
イン
: 真核生物
: Incertae sedis
: Vernanimalcula
: V. guizhouena
学名
Vernanimalcula guizhouena Chen et al. 2004

ベルナニマルキュラ (Vernanimalcula guizhouena) は6億-5億8000万年前の地層から発見されたアクリタークの一つ。大きさは0.1-0.2 mmで、髪の毛の太さ程度である。学名 Vernanimalcula は”小さな春の動物”を意味する。これは、この化石がマリノア氷期英語版の終わりの層から発見されたこと、また、発見当初は動物だと考えられていたことによる。

左右相称動物としての復元図

本種の化石は中国の陡山沱累層英語版から発見された。この層は、軟組織や微細構造を残した化石が発掘される、数少ないラーガーシュテッテである。この化石は感覚器官とされる1対の孔・消化器・口・肛門を備えた、体腔を持つ三胚葉構造を持つと解釈され、最初期の左右相称動物であると考えられた。

本種が真の左右相称動物だと解釈されていた頃は、これほど古い層から左右相称動物の化石が見つかることは重要な意味を持つと考えられていた。動物の様々なへの分化が顕微鏡的な大きさの内に起こったのだとすれば、カンブリア爆発での多くの動物門の突然の出現は[1]、すでに存在する動物が、単に(地質学的に)突然の体サイズの増大と、容易に化石化する構造(骨・殻)を手に入れたことに帰着できるからである[2][3][4][5]

現在では、本種を左右相称動物であるとする解釈は非常に疑わしいものとなっている。別の研究者(Bengtson, Budd と共同研究者)は、この化石はアクリタークのような球状物の周囲にリン酸塩の結晶が成長したもので、化石生成過程英語版におけるアーティファクトであり、よって動物ですらないと繰り返し主張している[6][7]。これに対しChen et al. は、自身の解釈を弁護している[8]。Petryshyn et al. は本種に似た化石を調査し、”おそらく生物由来のもの”と結論している[9]

参照[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Erwin, D. H.; Laflamme, M.; Tweedt, S. M.; Sperling, E. A.; Pisani, D.; Peterson, K. J. (2011). “The Cambrian Conundrum: Early Divergence and Later Ecological Success in the Early History of Animals”. Science 334 (6059): 1091–1097. doi:10.1126/science.1206375. PMID 22116879. 
  2. ^ Chen J. Y., Bottjer D. J., Oliveri P., Dornbos S. Q., Gao F., Ruffins S., Chi H., Li C. W., Davidson E. H. et al. (2004). “Small bilaterian fossils from 40 to 55 million years before the cambrian”. Science 305: 218–22. doi:10.1126/science.1099213. 
  3. ^ Supporting Online Material from Science magazine. - accessed October 17, 2005
  4. ^ Earliest Bilateral Fossil Discovered”. 2013年11月10日閲覧。
  5. ^ Tiny Fossils Could Be First Complex Animals”. 2013年11月10日閲覧。
  6. ^ Bengtson, S.; Budd, G. (2004). “Comment on ‘‘small bilaterian fossils from 40 to 55 million years before the Cambrian.’’”. Science 306 (5700): 1291a. doi:10.1126/science.1101338. PMID 15550644. http://www.sciencemag.org/cgi/content/full/sci;306/5700/1291a 2007年6月27日閲覧。. 
  7. ^ Bengtson, S.; Donoghue, P. C. J.; Cunningham, J. A.; Yin, C. (2012). “A merciful death for the 'earliest bilaterian,' Vernanimalcula,”. Evolution & Development 14: 421-427. doi:10.1111/j.1525-142X.2012.00562.x. PMID 22947315. 
  8. ^ Chen, Jun Yuan, Paola Oliveri, Eric Davidson and David J. Bottjer. 2004. Response to Comment on "Small Bilaterian Fossils from 40 to 55 Million Years Before the Cambrian". At [1] - Retrieved June 20, 2007
  9. ^ Petryshyn, Victoria A.; David J. Bottjer, Jun-Yuan Chen, Feng Gao (February 2013). “Petrographic analysis of new specimens of the putative microfossil Vernanimalcula guizhouena (Doushantuo Formation, South China)”. Precambrian Research 225: 58-66. doi:10.1016/j.precamres.2011.08.003. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0301926811001586 2013年8月31日閲覧。.