ベルリン、僕らの革命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ベルリン、僕らの革命
Die fetten Jahre sind vorbei
監督 ハンス・ワインガルトナー
脚本 ハンス・ワインガルトナー
製作 アントニン・スヴォボダ
ハンス・ワインガルトナー
出演者 ダニエル・ブリュール
ユリア・イェンチ
スティペ・エルツェッグ
音楽 アンドレアス・ヴォドラシュケ
撮影 ダニーラ・ナップ
マティアス・シェレンベルク
編集 アンドレアス・ヴォドラシュケ
ディルク・エーテルスホーフェン
配給 日本の旗 キネティック/コムストック
公開 ドイツの旗 2004年11月15日
日本の旗 2005年4月29日
上映時間 126分
製作国 ドイツの旗 ドイツ
 オーストリア
言語 ドイツ語
テンプレートを表示

ベルリン、僕らの革命』(Die fetten Jahre sind vorbei)は2004年製作のドイツオーストリア合作映画である。ハンス・ワインガルトナー監督。

ストーリー[編集]

リベラル革命を夢見るヤンとピーター。彼らが社会へ意思表示をする流儀は一風変わっていた。豪邸に忍び込むと家財道具をデタラメに並べ替え、「贅沢な日々は終わりだ」「あんたは金持ち過ぎだ」といったメッセージを残して姿を消す。そして決して盗みを働かないのだ。

そんなある日、彼らはピーターのガールフレンドのユールとともに、あるビジネスマンを誘拐する破目に陥る。3人はビジネスマンを連れてチロル地方の山小屋に身を隠す。そこで彼らはビジネスマンの意外な素性を知る。どう見てもブルジョワの彼は、かつてSDS(社会主義ドイツ学生連盟)指導部のメンバーを務め、有名な学生活動家ルディ・ドゥチュケの知り合いでもあったのだ。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替