ベルリン放送交響楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ベルリン放送交響楽団
Rundfunk-Sinfonieorchester Berlin
RSB Philharmonie.jpg
基本情報
出身地 ドイツの旗 ドイツ ベルリン
ジャンル クラシック音楽
活動期間 1923年 -
公式サイト www.rsb-online.de
メンバー 芸術監督
マレク・ヤノフスキ

ベルリン放送交響楽団ドイツ語: Rundfunk-Sinfonieorchester Berlin,英語: Berlin Radio Symphony Orchestra)は、ドイツの首都ベルリンに本拠を置くオーケストラである。略称はRSB。主にベルリン・フィルハーモニーおよびベルリン・コンツェルトハウスで演奏会を行っている。

沿革[編集]

1923年に設立された。第二次世界大戦後は東ベルリン側に属し、DDRラジオ放送局(Rundfunk der DDR)の放送オーケストラとなった。ドイツ再統一後の1994年にRIAS室内合唱団、ベルリン放送合唱団、ベルリン・ドイツ交響楽団、ベルリン放送交響楽団の4団体を所有する有限会社(GmbH)である"Rundfunk Orchester und Chöre GmbH Berlin"[1]が設立され、その傘下となった。この有限会社にはドイツラジオ(Deutschlandradio)が40%、ドイツ連邦共和国政府が35%、ベルリン市が20%、ベルリン・ブランデンブルク放送協会(Rundfunk Berlin-Brandenburg)が5%をそれぞれ出資している。日本で発売されたレーグナー指揮による録音では一時期ベルリン放送管弦楽団と記されている。当時ベルリン放送交響楽団の名で多く録音が紹介されていた西ベルリンのRadio-Symphonie-Orchester Berlin,との区別を意図したものだが、同じ団体の録音が二種類の日本名で流通する結果となった上に、同時期にベルリン放送管弦楽団の名で日本でも録音発売があったDDR所属の第二オーケストラBerlin Radio Orchestraとも混同されるなど、かえって混乱を助長した。ちなみに、この時期、日本名でベルリン交響楽団と呼ばれる団体も東西別個に存在したが、こちらは堂々と同じ名で録音が流通し続けた。

2009年にはベルリン・ドイツ交響楽団を吸収合併するという話が出たが、関係者の猛反発を受けて結局撤回されている。[2] [3]

首席指揮者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本語に直訳すると「ベルリンの放送オーケストラ及び合唱団有限会社」
  2. ^ Die Farce hinter der geplanten Orchesterfusionディ・ヴェルト 2009年12月10日)ドイツ語
  3. ^ 「ベルリン・フィル・ラウンジ」第13号よりドイツ発最新音楽ニュース>ベルリン・ドイツ交響楽団、ベルリン放送響交響楽団の統合案とその顛末(HMVジャパン)