ベルリン (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベルリン
ルー・リードスタジオ・アルバム
リリース
録音 モーガン・スタジオ(ロンドン)
レコード・プラント・スタジオ(ニューヨーク)
CTSスタジオ(ロンドン)
ジャンル ロックアート・ロック
時間
レーベル RCAレコード
プロデュース ボブ・エズリン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 7位(イギリス)[1]
  • 98位(アメリカ)[2]
ルー・リード 年表
トランスフォーマー
(1972年)
ベルリン
(1973年)
ロックン・ロール・アニマル
(1974年)
テンプレートを表示

ベルリン』(Berlin)は、ルー・リード1973年に発表した3作目のソロ・アルバム。

解説[編集]

主人公の男と娼婦キャロラインを軸としたストーリーを持つコンセプト・アルバムとなっている。プロデュースは、当時既にアリス・クーパーとの仕事で知られていたボブ・エズリンが担当した。エズリンはアラン・マクミランとともに編曲も担当した。ロンドンのモーガン・スタジオで主たるレコーディングが行われ、ニューヨークのレコード・プラント・スタジオとロンドンのCTSスタジオでオーバーダビングが行われた[3]

「キャロラインのはなし (2)」は「ステファニー・セッズ」を作り直したものである。

本作が発表されると、リードの母国アメリカよりもイギリスで大きな成功を収め、全英アルバムチャートではリードにとって初のトップ10入りを果たした[1]。発表当時、本作は『ローリング・ストーン』誌のレビューで酷評されたが、同誌はその後、別の批評家にレビューを依頼して本作を再評価した[4]。『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・グレイテスト・アルバム500』に於いて、344位にランクイン[5]

2006年、リードのニューヨーク公演において、初めて本作がライヴで再現された[6]。その模様は、ドキュメンタリー映画『ルー・リード/ベルリン』(監督:ジュリアン・シュナーベル)として公開された。

収録曲[編集]

全曲とも作詞・作曲はルー・リードによる。

Side 1
  1. ベルリン - "Berlin" - 3:25
  2. レディ・デイ - "Lady Day" - 3:38
  3. 富豪の息子 - "Men of Good Fortune" - 4:36
  4. キャロラインのはなし (1) - "Caroline Says I" - 3:57
  5. 暗い感覚 - "How Do You Think It Feels" - 3:43
  6. オー・ジム - "Oh, Jim" - 5:10
Side 2
  1. キャロラインのはなし (2) - "Caroline Says II" - 4:13
  2. 子供たち - "The Kids" - 7:50
  3. ベッド - "The Bed" - 5:52
  4. 悲しみの歌 - "Sad Song" - 6:56

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]