ベレニケ4世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ベレニケ4世
Βερενίκη Δ'
古代エジプトファラオ
統治期間 紀元前58年 - 紀元前55年プトレマイオス朝
前王 プトレマイオス12世
次王 プトレマイオス12世
配偶者 セレウコス7世
アルケラオス
プトレマイオス12世
クレオパトラ5世
生誕 紀元前77年
没年 紀元前55年

ベレニケ4世エピファニアΒερενίκη Δ', ラテン文字表記:Berenice IV Epiphaneia, 紀元前77年 - 紀元前55年)は、古代エジプトプトレマイオス朝ファラオ(在位:紀元前58年 - 紀元前55年)。父はプトレマイオス12世、母はクレオパトラ5世。有名なクレオパトラ7世の姉に当たる。他の兄弟姉妹にクレオパトラ6世アルシノエ4世プトレマイオス13世プトレマイオス14世がいる。プトレマイオス朝におけるクレオパトラ7世に並ぶ女傑である。

概要[編集]

ファッションや宴会、宝石をこよなく愛し、農民や奴隷など被支配層を軽視したと言われる。紀元前58年、父プトレマイオスがキプロスローマに奪われるとエジプト国民に追放され、ベレニケ4世は母クレオパトラ5世と共に統治を開始したが、現在は母との共同統治説が、翌年には母が死去した。これと近い年代に姉のクレオパトラ6世も死亡していることから、ベレニケによる暗殺説が濃厚となっている。

かくして第一王位継承者となったベレニケ4世はセレウコス7世キビオサクテスセレウコス朝の元君主とされる)と結婚するもまもなく彼を暗殺して亡きものとし、ポントスの王子を自称するアルケラオスと再婚した。しかし統治は長続きせず、紀元前55年、ローマのグナエウス・ポンペイウスの意向を受けたシリア総督アウルス・ガビニウスの援助でプトレマイオス12世が帰還し、出陣して父の軍勢と戦うも、夫のアルケラオスが戦死、ベレニケは処刑され、22歳の若さでこの世を去った。 歴史家からは「父に勝っていればオリエントはベレニケの手中にあった」と言われ、卓越した知略は評価されている。