ベン・リューイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ベン・リューイン
Ben Lewin
生年月日 1946年
出生地 ポーランドの旗 ポーランド
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 映画監督、脚本家

ベン・リューインBen Lewin, 1946年 - )は、オーストラリアアメリカ合衆国映画監督脚本家である。

生い立ちと学歴[編集]

ポーランドで生まれ、子供の頃に家族と共にオーストラリアのメルボルンに移った[1]。6歳の時に急性灰白髄炎となり、生涯松葉杖生活を余儀なくされた[2]。大学はメルボルン大学に通い、法律を学んだ。1971年、オーストラリアでの法廷弁護士の仕事を辞め[3]、奨学金を貰い、イングランド国立映画テレビ学校英語版で学び始めた[1]。学校を出た後はイングランドに残り、テレビ界で働き始めた。

フィルモグラフィ[編集]

  • デュネラ・スキャンダル The Dunera Boys (1985) テレビ映画、監督・脚本
  • Georgia (1988) 監督・脚本
  • 美女と時計とアブナイお願い The Favour, the Watch and the Very Big Fish (1991) 監督・脚本
  • セッションズ The Sessions (2012) 監督・脚本・製作
  • 500ページの夢の束 Please Stand By (2017) 監督
  • The Catcher Was a Spy (2018) 監督

参考文献[編集]