ベン村さ来

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ベン村さ来(べんむらさき、本名:田中 正雄1968年7月8日 - )は日本の放送作家東京都品川区出身。国士舘大学卒。妻は三味線漫談の藤本芝裕(元・相馬ひろみ)。

来歴・人物[編集]

目黒駅にある乾物屋の長男として育つ。14歳の時、ニッポン放送ラジオ番組ビートたけしのオールナイトニッポン』にハガキ投稿を始める。しかし書いたネタが余りにつまらなかったのでたけしから『最低ハガキ職人』の称号を得る。しかし高校3年の時から放送作家を志していたので、その後浅草キッドと舎弟の盃を交わし、芸人を目指し『浅草キッドのオールナイトニッポン』で念願の構成作家を務めた。学生時代からの阪神タイガースのファンでもある。

25歳でお笑いタレントの相馬ひろみ(のちに藤本芝裕を襲名し、三味線漫談家となる)と結婚し、個人事務所『ベン村さ来事務所』を設立した。

「お笑いセメントマッチ」主催者として90年代中盤から中堅・ベテラン層のピン芸人を応援。

品川区・目黒駅前商店街「目黒のさんま祭り」を発案し、実行委員会の事務局長・広報担当・寄席責任者を務めている。

エピソード[編集]

書籍[編集]

  • 「浅草キッドの言わんのバカクイズ」扶桑社
  • 「完璧版 テレビバラエティ大笑辞典」高田文夫笑芸人編集部・編著(白夜書房)※共著
  • 「コミックソングレコード大全」高田文夫・監修(白夜書房)※協力

ビデオ作品[編集]

関連項目[編集]