ベン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ベン
Ben
監督 フィル・カールソン英語版
脚本 ギルバート・ラルストン英語版
製作 モート・ブリスキン
出演者 リー・ハーコート・モンゴメリー英語版
音楽 ウォルター・シャルフ
撮影 ラッセル・メティ
編集 ハリー・ガースタッド英語版
製作会社 Bing Crosby Productions
配給 アメリカ合衆国の旗 Cinerama Releasing Corporation
日本の旗 NCC
公開 アメリカ合衆国の旗 1972年6月23日
日本の旗 1973年1月7日
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 ウイラード
テンプレートを表示

ベン』(Ben)は、1972年アメリカ合衆国サスペンス映画及び動物を扱ったパニック映画。 『ウイラード』の続編にあたる作品だが、内容が大幅に変更され、少年とネズミの友情をテーマにした構成になっている。 エンディングで流れるマイケル・ジャクソンの「ベンのテーマ」は、アメリカ本国及び日本でもヒットした。

ストーリー[編集]

ウイラードの死体が家で発見された。状況から、ネズミに襲われて死んだものと判断され、続いてパトロール中の警官が襲われた。巡査部長のカートランドは市全域に非常線を張ったが、ネズミ達の行方は分からなかった。

その頃、ウイラードの家のすぐ近所に住んでいるダニーという少年が、家に入ってきた一匹の黒いネズミと出会っていた。病弱で友達がいないダニーにとって、そのネズミはかけがえの無い友達となったが、やがてダニーは、そのネズミが、警察から追われているベンであると知った。だがダニーは逆にベンたちにも生きる権利があると思い、母や姉のイブ、そしてカートランドにもベンの存在を隠し通した。ベンもその事を理解した様子で、ダニーだけは信頼していた。しかし、ベンを追う者たちの手は次第に伸びてきていた。

キャスト[編集]