ペイトー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ペイトー古希: Πειθώ, Peitho)は、ギリシア神話に登場する「説得」の女神長母音を省略してペイトとも表記される。ローマ神話におけるスアデラ(Suadela)に相当する。

ヘルメースアプロディーテーの娘で、一説にアプロディーテーの侍女とされたり、アプロディーテーの別称とされたりする。またパウサニアスによれば美と優雅である女神・カリスの1柱であり、古代ギリシア詩人・ヘルメシアナクス(Hermesianax)がアテーナイで信仰されていたアウクソーヘーゲモネーの2柱以外に加える3人目のカリス女神[1][2]

ノンノスの『ディオニュソス譚』ではディオニューソスとアプロディーテーの3人娘の1人であり、パーシテアー、ペイトー、アグライアーという「三美神」で構成されている[3]。ヘルメースの妻とされた。

オーケアノステーテュースの三千人の娘・オーケアニデスの中で最も年長のニンフと同名であるが、ゼウスの子・アルゴスの妻とされる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ パウサニアス、9巻35・1。
  2. ^ ウィリアム・スミス『ギリシア・ローマ伝記神話辞典』(Dictionary of Greek and Roman Biography and Mythology, 1844) p-686
  3. ^ ノンノス『ディオニュソス譚』24巻261。

関連項目[編集]