ペイン・アンド・グローリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ペイン・アンド・グローリー
Dolor y gloria
監督 ペドロ・アルモドバル
脚本 ペドロ・アルモドバル
製作 アグスティン・アルモドバル
出演者 アントニオ・バンデラス
ペネロペ・クルス
音楽 アルベルト・イグレシアス
撮影 ホセ・ルイス・アルカイネ
編集 テレサ・フォント
製作会社 El Deseo
配給 アメリカ合衆国の旗 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
日本の旗 キノフィルムズ
公開 スペインの旗 2019年3月22日
フランスの旗 2019年5月17日カンヌ国際映画祭
アメリカ合衆国の旗 2019年10月4日
日本の旗 2020年6月19日
上映時間 113分
製作国 スペインの旗 スペイン
言語 スペイン語
テンプレートを表示

ペイン・アンド・グローリー』(西: Dolor y gloria: Pain and Glory)は、2019年スペインドラマ映画。監督・脚本はペドロ・アルモドバル、主演はアントニオ・バンデラス日本では2020年6月19日に公開された[1][2]。アルモドバルの自伝的な要素が織り込まれた作品で、アルモドバル作品の常連俳優であるバンデラスが主人公の世界的映画監督を演じた。第72回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、バンデラスが男優賞を受賞した[3]

キャスト[編集]

評価[編集]

本作は批評家から高い評価を受けている。Rotten Tomatoesでは2020年1月18日現在、268件の批評家レビューがあり、批評家支持率は97%で、平均点は10点満点で8.32点となっている[4]Metacriticには42件の批評家レビューがあり、加重平均値は88/100となっている[5]

受賞[編集]

受賞とノミネートの一覧
部門 対象 結果 参照
2019年 カンヌ国際映画祭 パルム・ドール ペドロ・アルモドバル ノミネート
男優賞 アントニオ・バンデラス 受賞 [3]
カンヌ・サウンドトラック賞 アルベルト・イグレシアス 受賞
クィア・パルム ペドロ・アルモドバル ノミネート
ハリウッド映画賞 主演男優賞 アントニオ・バンデラス 受賞 [6]
ニューヨーク映画批評家協会賞 主演男優賞 アントニオ・バンデラス 受賞 [7]
ロサンゼルス映画批評家協会賞 外国語映画賞 『ペイン・アンド・グローリー』 受賞 [7]
主演男優賞 アントニオ・バンデラス 受賞
サンディエゴ映画批評家協会賞 外国語映画賞 『ペイン・アンド・グローリー』 ノミネート [8]
サウスイースタン映画批評家協会賞 外国語映画賞 『ペイン・アンド・グローリー』 次点 [9]
ヨーロッパ映画賞 作品賞 『ペイン・アンド・グローリー』 ノミネート [10]
観客賞 『ペイン・アンド・グローリー』 ノミネート
監督賞 ペドロ・アルモドバル ノミネート
脚本賞 ペドロ・アルモドバル ノミネート
男優賞 アントニオ・バンデラス 受賞
プロダクション・デザイナー賞 アンチョン・ゴメス 受賞
サンフランシスコ映画批評家協会賞 外国語映画賞 『ペイン・アンド・グローリー』 ノミネート [11]
主演男優賞 アントニオ・バンデラス 受賞
2020年 全米映画批評家協会賞 主演男優賞 アントニオ・バンデラス 受賞 [7]
オンライン映画批評家協会賞 主演男優賞 アントニオ・バンデラス ノミネート
外国語映画賞 『ペイン・アンド・グローリー』 ノミネート
ゴールデングローブ賞 外国語映画賞 『ペイン・アンド・グローリー』 ノミネート [7]
主演男優賞 (ドラマ部門) アントニオ・バンデラス ノミネート
放送映画批評家協会賞 外国語映画賞 『ペイン・アンド・グローリー』 ノミネート
主演男優賞 アントニオ・バンデラス ノミネート
ゴヤ賞 作品賞 『ペイン・アンド・グローリー』 未決定 [12]
監督賞 ペドロ・アルモドバル 未決定
主演男優賞 アントニオ・バンデラス 未決定
主演女優賞 ペネロペ・クルス 未決定
助演男優賞 アシエル・エチェアンディア 未決定
レオナルド・スバラグリア 未決定
助演女優賞 フリエタ・セラーノ 未決定
脚本賞 ペドロ・アルモドバル 未決定
撮影賞 ホセ・ルイス・アルカイネ 未決定
英国アカデミー賞 外国語作品賞 ペドロ・アルモドバル、アグスティン・アルモドバル 未決定
アカデミー賞 国際長編映画賞 『ペイン・アンド・グローリー』 未決定
主演男優賞 アントニオ・バンデラス 未決定

脚注[編集]

  1. ^ A・バンデラスがカンヌ初受賞&オスカーノミネート! アルモドバル監督作、初夏公開”. 映画.com (2020年1月17日). 2020年1月18日閲覧。
  2. ^ あぁ色鮮やかなスペイン! 巨匠アルモドバルの自伝的新作でバンデラスがカンヌ男優賞受賞『ペイン・アンド・グローリー” (日本語). BANGER!!! (2020年6月26日). 2020年8月24日閲覧。
  3. ^ a b awards - 2019”. Festival de Cannes 2019. 2020年1月18日閲覧。
  4. ^ PAIN AND GLORY (DOLOR Y GLORIA)”. Rotten Tomatoes. 2020年1月18日閲覧。
  5. ^ Pain and Glory”. Metacritic (2020年1月17日). 2020年1月18日閲覧。
  6. ^ Hipes, Patrick (2019年10月22日). “Hollywood Film Awards 2019 Winners List (So Far): Antonio Banderas, Renée Zellweger, Al Pacino, Laura Dern,’Endgame’, More – Update” (英語). Deadline. 2020年1月18日閲覧。
  7. ^ a b c d Dolor y gloria (2019) Awards”. IMDb. 2020年1月18日閲覧。
  8. ^ 2019 San Diego Film Critics Society’s Award Nominations”. San Diego Film Critics Society (2019年12月6日). 2020年1月19日閲覧。
  9. ^ Southeastern Film Critics Association Selects ‘Parasite’ as the Year’s Best Film”. Collider (2019年12月9日). 2020年1月19日閲覧。
  10. ^ EFA Nominations - European Film Awards”. www.europeanfilmawards.eu. 2019年1月18日閲覧。
  11. ^ SFBAFCC 2019 Awards”. SFBAFCC. 2020年1月19日閲覧。
  12. ^ Lang, Jamie. “‘Pain and Glory,’ ‘While at War,’ ‘’Endless Trench’ Lead Goya Nominations”. Variety. https://variety.com/2019/film/awards/pain-and-glory-while-at-war-endless-trench-lead-goya-nominations-1203420843/ 2020年1月18日閲覧。