ペギー・リュインドゥラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ペギー・リュインドゥラ Football pictogram.svg
Peguy Luyindula au Camp des Loges (2011).jpg
名前
本名 ペギー・マカンダ・リュインドゥラ
Péguy Makanda Luyindula
ラテン文字 Péguy LUYINDULA
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
 コンゴ民主共和国
生年月日 (1979-05-25) 1979年5月25日(39歳)
出身地 ザイールの旗 ザイール キンシャサ
身長 178cm
体重 72kg
選手情報
在籍チーム 無所属
ポジション FW
利き足
代表歴2
2004-2009 フランスの旗 フランス 6 (1)
2. 2011年1月1日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ペギー・リュインドゥラ(Péguy Makanda Luyindula, 1979年5月25日 - )は、ザイール (現:コンゴ民主共和国)の首都・キンシャサ出身のサッカー選手。元フランス代表

経歴[編集]

オリンピック・リヨン時代には攻撃陣の核として活躍、91試合で33得点を記録、リーグ3連覇に貢献と大活躍を見せた。この後ディディエ・ドログバの穴を埋めるべく約16億円もの大金でオリンピック・マルセイユへと移籍、ここでもチームの核となったがチームの不振を止めることはできずAJオセールへとレンタル移籍した。オセールではまずまずの成績を上げたものの、続くレンタル先のレバンテUDではノーゴールに終わった。2007年1月にパリ・サンジェルマンFCに完全移籍したものの、目立った活躍を見せることはなく、徐々に出場機会が減少。2012年はリーグカップ1試合のみの出場に留まり、同年12月契約満了を迎えた。

代表歴[編集]

代表としてはコンゴ民主共和国代表入りの要請を断り続け、2004年にフランス代表入りを果たす。ただ、常勝チームから離れたこともあり2005年2月から代表招集はなかった。2009年3月、代表FWに怪我人が続出したことから南アフリカW杯予選の対リトアニアメンバーとして4年ぶりに招集を受け、大方の予想に反して2試合連続でスタメン出場を果たした。

2002年のUEFA U-21欧州選手権で準優勝した。

所属クラブ[編集]

フランスの旗 AJオセール 2005-2006 (loan)
スペインの旗 レバンテUD 2006 (loan)

タイトル[編集]

  • RCストラスブール
クープ・ドゥ・フランス (1):2001
  • オリンピック・リヨン
リーグ・アン (3):2001-02, 2002-03, 2003-04
  • PSG
クープ・ドゥ・フランス (1):2010
クープ・ドゥ・ラ・リーグ (1):2008