ペッカ・ユハニ・ハンニカイネン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ペッカ・ユハニ・ハンニカイネン
Pekka Juhani Hannikainen
出生名 Pekka Juhani Hannikainen
生誕 1854年12月9日
フィンランド大公国の旗 フィンランド大公国
クオピオ州 ヌルメス
死没 (1924-09-13) 1924年9月13日(69歳没)
 フィンランド
ウーシマー州 ヘルシンキ
ジャンル クラシック音楽
ロマン派
職業 作曲家
編曲家
指揮者

ペッカ・ユハニ・ハイニカイネンPekka Juhani Hannikainen, 1854年12月9日 ヌルメス – 1924年9月13日 ヘルシンキ)は、フィンランド合唱指揮者で声楽曲の作曲家。息子たちも著名な作曲家に大成した。

略歴[編集]

ヘルシンキに学び、1882年から1885年までヘルシンキ大学男声合唱団の指揮者を務める。1887年から1917年までユヴァスキュラで音楽教師を務める傍ら、1887年から1891年までフィンランド初の音楽雑誌の編集者となった。地元ヘルシンキで合唱曲歌曲を作曲するかたわら、フィンランド民謡や民族舞曲の編曲を手懸けている。

ピアニストになった長男イルマリや、次男で作曲家のヴァイノ、チェリストの三男タウノも、それぞれに職業音楽家として名を揚げた。

参考文献[編集]

  • A. Eaglefield-Hull, A Dictionary of Modern Music and Musicians (Dent, London 1924).