ペッツ・ワトレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ペッツ・ワトレー
プロフィール
リングネーム ピストル・ペッツ・ワトレー
シャスカ・ワトレー
ウィリー・B・ハート
本名 Pezavan Whatley
ニックネーム 黒い銃弾
身長 178cm - 182cm
体重 111kg - 115kg
誕生日 1951年1月10日
死亡日 (2005-01-18) 2005年1月18日(満54歳没)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テネシー州の旗 テネシー州
ハミルトン郡チャタヌーガ
スポーツ歴 レスリング
トレーナー ソウル・ワインゲロフ
デビュー 1975年
引退 1995年
テンプレートを表示

"ピストル" ペッツ・ワトレー"Pistol" Pez Whatley1951年1月10日 - 2005年1月18日)は、アメリカ合衆国プロレスラーテネシー州チャタヌーガ出身のアフリカ系アメリカ人

より原音に近い表記は「ペッツ・ワトー」だが、本項では来日時の呼称など、日本で定着している表記を使用する。

来歴[編集]

ハイスクール時代はレスリングで活躍し、チャタヌーガ初の黒人チャンピオンとなった[1]テネシー大学チャタヌーガ校卒業後の1975年、ソウル・ワインゲロフ[2]のコーチを受け、地元テネシー州メンフィスNWAミッドアメリカ地区(後のCWA / USWA)にてデビュー。

テネシーでは巨漢レイ・キャンディとのベビーフェイスの凸凹黒人コンビで活動し、1977年に悪徳マネージャーパーシー・プリングル3世率いるサモアンズ(ワイルド・サモアンズとは別チーム)とミッドアメリカ・タッグ王座を争った[3]。同年8月末には、スタン・ハンセンブラックジャック・マリガンザ・ハングマンロディ・パイパーソニー・キングらが同時参加した新日本プロレスの『闘魂シリーズ』に初来日している[4]

以降もテネシーを主戦場に、1978年1月14日にはラニー・ポッフォを新パートナーにジプシー・ジョー&リロイ・ロチェスターからミッドアメリカ・タッグ王座を奪取[3]。同地区の英雄的存在となったジェリー・ローラーともタッグを組み[5]デビッド・シュルツデニス・コンドリーダッチ・マンテルバズ・タイラーフィル・ヒッカーソンなどと抗争を展開した。

1980年代初頭はラニー・ポッフォやランディ・サベージの父アンジェロ・ポッフォが旗揚げしたケンタッキー州レキシントンの独立団体ICW(International Championship Wrestling)で活動。後にNWA世界ヘビー級王者となるロニー・ガービンと抗争した。ICW崩壊後は古巣のメンフィスに戻り、スキップ・ヤングと組んでココ・ウェア&ノーベル・オースチンのプリティ・ヤング・シングスと黒人タッグ抗争を展開[6]1984年からはエディ・グラハム主宰のNWAフロリダ地区に参戦、8月25日にジム・ナイドハート、9月22日にケビン・サリバンを破り、南部ヘビー級王座を2回獲得した[7]

リック・ルードにタイトルを奪われた1985年からは、NWAミッドアトランティック地区のジム・クロケット・プロモーションズに移籍。ジミー・バリアントとのコンビで人気を博したが、彼を称えたバリアントの "the best black athlete in professional wrestling" というコメントを黒人差別発言と曲解し、 1986年にバリアントと仲間割れしてヒールに転向[1]シャスカ・ワトレーShaska Whatley)に改名してヒール・ユニットのポール・ジョーンズ・アーミーに加入し、バロン・フォン・ラシクコンガ・ザ・バーバリアンと共闘した[8]

1987年より、タイガー・コンウェイ・ジュニアと黒人タッグチームのジャイブ・トーンズThe Jive Tones)を結成[9]ブラッド・アームストロング&ティム・ホーナーのライトニング・エクスプレスと抗争し、マイケル・ヘイズ&ジミー・ガービンファビュラス・フリーバーズロード・ウォリアーズとも対戦した[9]1989年8月にはアブドーラ・ザ・ブッチャーがエースを務めた全日本プロレスの『サマー・アクション・シリーズII』に来日。サミー・デイヴィス・ジュニアなど往年の黒人エンターテイナーをイメージした陽気なパフォーマンスで前座戦線を盛り上げる一方、ブッチャーとトリオを組んでの6人タッグマッチで天龍同盟とも対戦した[10]

ジャイブ・トーンズ解散後はアラバマ地区ウィリー・B・ハートWillie B. Hert)を名乗って活動し、エディ・ギルバートらと抗争。1990年代初頭にはリングネームを元に戻し、ジョバーとしてWWFの興行に出場したこともある[11]

シュートの隠語である「ピストル」の異名通りのシューターとされており[1]1992年2月にはUWFインターナショナルに「ペーズ・ワットレー」の表記で来日した。その後はWCWにてジョバーを務め、1995年の引退後はプロレスラー養成所WCWパワープラント」のトレーナーとなって若手選手の指導・育成に携わった[1]

2003年心臓発作を起こし、心臓移植手術を待っていたが、手術を受けることなく2005年1月18日に故郷チャタヌーガの病院にて死去[1][12]。54歳没。

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

NWAウエスタン・ステーツ・スポーツ
  • NWAウエスタン・ステーツ・タッグ王座:1回(w / エイブ・ジェイコブズ)[13]
NWAミッドアメリカ
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
インターナショナル・チャンピオンシップ・レスリング

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e "Pistol" Pez Whatley dead at 54”. SLAM! Sports (January 19, 2005). 2010年9月30日閲覧。
  2. ^ Saul Weingeroff”. Online World of Wrestling. 2010年9月30日閲覧。
  3. ^ a b c NWA Mid-America Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年9月30日閲覧。
  4. ^ NJPW 1977 Toukon Series”. Puroresu.com. 2016年1月24日閲覧。
  5. ^ The USWA matches fought by Pez Whatley in 1979”. Wrestlingdata.com. 2014年10月2日閲覧。
  6. ^ Skip Young, master of the dropkick dead at 59”. SLAM! Sports (December 8, 2010). 2010年12月11日閲覧。
  7. ^ a b NWA Southern Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年9月30日閲覧。
  8. ^ The WCW matches fought by Pez Whatley in 1986 (3)”. Wrestlingdata.com. 2016年1月24日閲覧。
  9. ^ a b Tag Team "The Jive Tones"”. Wrestlingdata.com. 2014年10月2日閲覧。
  10. ^ The AJPW matches fought by Pez Whatley in 1989”. Wrestlingdata.com. 2016年1月24日閲覧。
  11. ^ The WWE matches fought by Pez Whatley in 1990”. Wrestlingdata.com. 2014年10月2日閲覧。
  12. ^ "Pistol" Pez Whatley”. Online World of Wrestling. 2010年9月30日閲覧。
  13. ^ NWA Western States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月2日閲覧。
  14. ^ ICW United States Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月2日閲覧。
  15. ^ ICW United States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年10月2日閲覧。