ペット保険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ペット保険(ペットほけん)とは、損害保険の一種である。公的な定義はなされていないが、主に家庭で飼育されるイヌネコなどのペット(愛玩動物)を対象に、病気やケガの治療費の一部を保険金として支給するものである[1]

概要[編集]

日本でいうと、人間を対象とした健康保険制度をペットに適用したイメージである。

イヌやネコなどのペットが、病気になったりケガをしたりして動物病院獣医師)による治療が必要になった場合、人間と異なり、治療費の全額が自己負担となるが、ペット保険に加入することで、負担額を減らすことができる。なお、飼っているイヌやネコなどのペットが他人にかみつくなどしてケガをさせたりした場合は、個人賠償責任保険の対象となる[2]

歴史[編集]

1890年スウェーデンで家畜やを対象とする初めての保険契約が作成され、1924年にスウェーデンで世界初のイヌを対象とした保険が発売される[3]

日本では1995年に日本ペットオーナーズクラブの野川亮輔によって「ペット共済制度」として発売され、2006年11月にペット&ファミリー少額短期保険が設立されて、野川が初代社長に就任した[4]

国民生活センターの 2002年12月 - 2003年2月の調査では、日本ペットオーナーズクラブを含め4事業者が存在していたが、この時点では保険会社としての許認可はなかった[5]

保険会社[編集]

何社かのペット保険(少額短期保険含む)会社が存在する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 吉武なおこ (2016年2月4日). “人間の保険とは考え方が違う ペット保険の正しい選び方”. マネーの達人. 株式会社イード. 2018年6月26日閲覧。
  2. ^ 平野 敦之 (2018年1月16日). “なかなか使えるぞ!個人賠償責任保険”. All About. 株式会社オールアバウト. 2018年6月26日閲覧。
  3. ^ ペット保険の歴史”. PEDGE. アイペット損害保険株式会社 (2017年5月1日). 2018年6月26日閲覧。
  4. ^ 情熱人 Vol.1 日本で初めてペット保険をつくった男”. 情熱人. ペトハピ株式会社 (2016年4月19日). 2018年6月26日閲覧。
  5. ^ 生活関連サービス情報 「ペット保険」 -ペットが病気やけがをした場合の医療費に備えるサービス-(要約) (PDF)”. 国民生活センター (2003年5月9日). 2018年6月26日閲覧。

関連項目[編集]