ペドロ・エマヌエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はドス・サントス第二姓(父方の)はマルティンス・シルヴァです。
ペドロ・エマヌエル Football pictogram.svg
Pedro Emanuel.jpg
名前
本名 Pedro Emanuel dos Santos Martins Silva
カタカナ ペドロ・エマヌエル・ドス・サントス・マルティンス・シルヴァ
ラテン文字 Pedro Emanuel
基本情報
国籍 ポルトガルの旗 ポルトガル
アンゴラの旗 アンゴラ
生年月日 (1975-02-11) 1975年2月11日(44歳)
出身地 ポルトガル領西アフリカ
(現:アンゴラの旗 アンゴラ)
ルアンダ州ルアンダ
身長 180cm
選手情報
ポジション DF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1993-1994 ポルトガルの旗 マルコ 28 (2)
1994-1995 ポルトガルの旗 オヴァレンセ 31 (2)
1995-1996 ポルトガルの旗 ペナフィエル 28 (2)
1996-2002 ポルトガルの旗 ボアヴィスタ 154 (2)
2002-2009 ポルトガルの旗 ポルト 120 (1)
通算 361 (9)
代表歴
1995-1996 ポルトガルの旗 ポルトガル U-21 4 (0)
監督歴
2009-2010 ポルトガルの旗 ポルト (ユース)
2010-2011 ポルトガルの旗 ポルト (コーチ)
2011-2013 ポルトガルの旗 アカデミカ
2013-2015 ポルトガルの旗 FCアロウカ
2015-2016 キプロスの旗 アポロン・リマソール
2017 ポルトガルの旗 エストリル・プライア
2018-2019 サウジアラビアの旗 タアーウンFC
2019- スペインの旗 UDアルメリア
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ペドロ・エマヌエル (Pedro Emanuel) ことペドロ・エマヌエル・ドス・サントス・マルティンス・シルヴァ(Pedro Emanuel dos Santos Martins Silva、1975年2月11日 - )は、アンゴラ共和国ルアンダ出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはディフェンダー(センターバック)であり、U-21ポルトガル代表の経験がある。

プロ選手としての16年間のキャリアのほとんどを、ポルトガル北部の大都市ポルトにあるボアヴィスタFCFCポルトで過ごした。ボアヴィスタFCではクラブ初にして唯一のスーペル・リーガ優勝に貢献し、FCポルトではスーペル・リーガの他にUEFAカップUEFAチャンピオンズリーグインターコンチネンタルカップで優勝してクラブの全盛期を築いた。それぞれのクラブでキャプテンを務めている。

経歴[編集]

選手時代[編集]

クラブ[編集]

ボアヴィスタFCの下部組織出身であるが、1993年にリーガ・サグレス(2部)のFCマルコポルトガル語版からプロデビューし、続く2シーズンは同じくリーガ・サグレスのADオヴァレンセポルトガル語版FCペナフィエルでプレーした。

ボアヴィスタFC

1996年にはユース時代を過ごしたスーペル・リーガ(1部)のボアヴィスタFCに移籍し、以前にもともにプレーしていたセンターバックのリトス、サイドバックのヌーノ・フレシャウトとエリヴァン・ナシメント、キーパーのリカルド・ペレイラなどとともにゴール前に壁を築いた。2000-01シーズンにはクラブ初のリーグ優勝を成し遂げた。2001年夏にリトスがマラガCFに移籍したため、2001-02シーズンはペドロ・エマヌエルがキャプテンを務めた。

FCポルト

2002年夏にはSLベンフィカがエマヌエルの獲得レースに勝利するかと思われたが、彼はジョゼ・モウリーニョ監督率いるFCポルトと契約した。ジョルジュ・コスタリカルド・カルバーリョパウロ・フェレイラヌーノ・ヴァレンテなどとともに形成された強力な守備陣の中でも、彼は常に献身的なプレースタイルでモウリーニョ監督からの信頼を得た。2002-03シーズンにはUEFAカップで優勝し、2003-04シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグで優勝したが、セルティックFC(スコットランド)と戦った前者、ASモナコ(フランス)と戦った後者いずれの決勝にも出場した。2004年夏にはモウリーニョ監督がチェルシーFC監督に就任したが、エマヌエルはレギュラーの座を離さず、同年12月のインターコンチネンタルカップオンセ・カルダス(コロンビア)戦(0-0、PK8-7)では彼が蹴ったPKが勝敗を決めた。同大会は2005年からFIFAクラブワールドカップに移行したため、名称変更前の同大会で最後にボールに触った選手となった[1]

2005年夏に就任したコー・アドリアーンセ監督はキーパーのビトール・バイーアやサイドに位置するジョルジュ・コスタがキャプテンとなることを好まず、エマヌエルが新キャプテンに選ばれた。2006年8月、マンチェスター・シティーFCとのプレシーズンマッチの試合前に左アキレス腱を負傷し[2]、2度の手術を行って2006-07シーズンを丸々棒に振った[3]。2007-08シーズンはレギュラーに返り咲き、リーグ戦19試合に出場してリーグタイトル奪還に貢献した。2008年夏にはクラブからU-17チーム監督就任の打診を受けたが、この申し出を断って現役にこだわった[4]。2008-09シーズンは公式戦を通じて5試合しか出場できず、2009年6月16日に現役引退を表明した[4]

代表[編集]

アンゴラ共和国出身であるが、各年代のアンゴラ代表でプレーしたことはない。1995年から1996年にはU-21ポルトガル代表としてプレーしているため、アンゴラ代表からの招集を受けないのはポルトガル代表でプレーする可能性を残したいためだと解釈する者もいた。

2006 FIFAワールドカップ前には、同大会出場を決めたアンゴラ代表から招集を受け、エマヌエルはこれに応じたが、国際サッカー連盟 (FIFA) は、2004年に制定された新しい規則を理由に、彼とカルロス・シャイーニョがポルトガル代表以外から試合に出場することを認めなかった[5]

指導者時代[編集]

現役引退発表直後にFCポルトのU-17チーム監督に就任した[4]。2009-10シーズンのU-17全国選手権ではスポルティングCPのU-17チームを倒して優勝した[6]。2010年7月には新たに就任したアンドレ・ヴィラス=ボアス監督のアシスタントコーチとしてトップチームに復帰した。2010-11シーズンは他クラブを圧倒する成績でリーグ優勝を果たし、UEFAヨーロッパリーグなどを含めて4冠を達成した。

2011年6月、ヴィラス=ボアス監督もかつて指揮したアカデミカ・コインブラの監督に就任し、初めてプロクラブのトップチームを指揮することになった。2011-12シーズンのタッサ・デ・ポルトガルでは、4回戦でFCポルトに3-0で勝利するなどし[7]、クラブにとって1969年以来となる決勝進出を果たした。決勝ではスポルティングCPを1-0で下し、クラブにとって1939年以来となる国内カップ制覇を果たした[8]

2018年から1年間、サウジアラビアタアーウンFCを率いる。2019年8月4日、サウジアラビア人オーナーに買収されたスペインUDアルメリア監督に就任[9]


所属クラブ[編集]

選手[編集]

指導者[編集]

タイトル[編集]

選手[編集]

ポルトガルの旗 ボアヴィスタFC
ポルトガルの旗 FCポルト

指導者[編集]

ポルトガルの旗 アカデミカ・コインブラ

脚注[編集]

  1. ^ Porto triumph in World Club Cup BBC Sport、2004年12月13日
  2. ^ Achilles agony for Porto skipper UEFA.com、2006年8月13日
  3. ^ ポルトのエマヌエル、今季絶望も UEFA.com、2007年1月18日
  4. ^ a b c ポルトのペドロ・エマヌエルが現役引退 UEFA.com、2009年6月17日
  5. ^ Angola plea to FIFA BBC Sport、2006年5月1日
  6. ^ F.C. Porto: Pedro Emanuel campeão nacional com os juvenis Mais Futebol、2010年6月26日 (ポルトガル語)
  7. ^ Porto humbled by Academica Archived 2012年1月25日, at the Wayback Machine. PortuGOAL、2011年11月19日
  8. ^ アカデミカ、下馬評覆して国内カップ初制覇 UEFA.com、2012年5月20日
  9. ^ El portugués Pedro Emanuel es el nuevo entrenador de la UD Almería” (スペイン語). UDアルメリア (2019年8月4日). 2019年9月26日閲覧。