ペヨトル工房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ペヨトル工房(ペヨトルこうぼう)は、幻想文学及び芸術系書籍の出版や、『夜想』をはじめとする雑誌の発行を行っていた日本の出版社。主宰者は今野裕一。

概要[編集]

ペヨトル工房は今野裕一によって1978年7月に創立された。「ペヨトル」という社名は、幻覚剤として用いられるペヨーテというサボテンフランス語Peyotlに由来する(より直接的には、アントナン・アルトーの『タラユマラ』から採られた。)。

幻想文学や映画、演劇、音楽等の芸術全般に関する書籍を出版するとともに、『夜想』、『銀星倶楽部』、『EOS』、『WAVE』(西武百貨店と共同製作)、『Ur』といった先鋭的な雑誌を発行。他の出版社が扱わないマイナーな海外文学や芸術に関する書籍を世に出し、1980年代サブカルチャーに大きな影響を与えた。

1998年7月に出版を休止し、2000年4月30日をもって解散した。解散によって在庫の書籍は裁断処分されるところであったが、ファンによる運動の結果、在庫の大半はペヨトル工房と関係の深い書店に引き取られた。

ペヨトル工房の誕生から解散に至る歴史は、今野裕一によって『ペヨトル興亡史―ボクが出版をやめたわけ』(2001年7月、冬弓舎 ISBN 978-4925220040)としてまとめられている。

現在、ミルキィ・イソベらのペヨトル工房の関係者によって、雑誌『2-:+』、『夜想』がステュディオ・パラボリカから発行されている。

出版物一覧[編集]

※ 冊数が多いため、伸縮型のメニューとして掲載する。

関連項目[編集]