ペラム・パークウェイ駅 (IRTホワイト・プレーンズ・ロード線)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ペラム・パークウェイ駅
Pelham Parkway
NYCS-bull-trans-2.svgNYCS-bull-trans-5.svg
ニューヨーク市地下鉄
Pelham Parkway White Plains vc.jpg
駅東側、ペラム・パークウェイから駅を望む
駅情報
住所 Pelham Parkway & White Plains Road
Bronx, NY 10467
ブロンクス区
地区 ペラム・パークウェイ
座標 北緯40度51分25秒 西経73度52分05秒 / 北緯40.857度 西経73.868度 / 40.857; -73.868座標: 北緯40度51分25秒 西経73度52分05秒 / 北緯40.857度 西経73.868度 / 40.857; -73.868
ディビジョン AディビジョンIRT
路線 IRTホワイト・プレーンズ・ロード線
運行系統       2 Stops all times (終日)
      5 Stops rush hours in peak direction only (ラッシュ時混雑方向へ向かう列車)
接続 バスによる輸送 ニューヨーク市バス: Bx12, Bx12 SBS, Bx22, Bx39
バスによる輸送 MTAバス: BxM11
バスによる輸送 ビー-ラインバス: 60, 61, 62
構造 高架駅
ホーム数 相対式ホーム 2面
線路数 3線(中央1線は不使用)
その他の情報
開業日 1917年3月3日(101年前) (1917-03-03
バリアフリー設備 バリアフリー・アクセス
利用状況
乗客数 (2017)2,849,210[1]減少 3.6%
順位 182位
次の停車駅
北側の隣駅 アラートン・アベニュー駅: 2 Stops all times5 Stops rush hours in peak direction only
南側の隣駅 ブロンクス・パーク・イースト駅: 2 Stops all times5 Stops rush hours in peak direction only


北側の隣駅 バリアフリー・アクセス ガン・ヒル・ロード駅: 2 Stops all times5 Stops rush hours in peak direction only
南側の隣駅 バリアフリー・アクセス 東180丁目駅: 2 Stops all times5 Stops rush hours in peak direction only

ペラム・パークウェイ駅
Pelham Parkway Station (Dual System IRT)
座標 北緯40度51分25秒 西経73度52分03秒 / 北緯40.85694度 西経73.8675度 / 40.85694; -73.8675
複合資産 New York City Subway System MPS
NRHP登録番号 05000228[2]
NRHP指定日 2005年3月30日

ペラム・パークウェイ駅 (Pelham Parkway) はニューヨーク市地下鉄IRTホワイト・プレーンズ・ロード線の駅である。ブロンクス区ペラム・パークウェイのホワイト・プレーンズ・ロードとペラム・パークウェイの交差点に位置し、2系統が終日、5系統がラッシュ時混雑方向のみ停車する。

駅構造[編集]

P
ホーム階
相対式ホーム、右側扉が開く バリアフリー・アクセス
南行緩行線 NYCS-bull-trans-2.svg フラットブッシュ・アベニュー-ブルックリン・カレッジ駅行きブロンクス・パーク・イースト駅
NYCS-bull-trans-5.svg 朝ラッシュ時:フラットブッシュ・アベニュー-ブルックリン・カレッジ駅行きブロンクス・パーク・イースト駅
混雑方向急行線 定期列車なし
北行緩行線 NYCS-bull-trans-2.svg ウェイクフィールド-241丁目駅行きアラートン・アベニュー駅
NYCS-bull-trans-5.svg 夕ラッシュ時:ネレイド・アベニュー駅行きアラートン・アベニュー駅
相対式ホーム、右側扉が開く バリアフリー・アクセス
M 改札階 改札口、駅員詰所、メトロカード自動券売機
G 地上階 出入口
バリアフリー・アクセス (エレベーター、ペラム・パークウェイとホワイト・プレーンズ・ロード交差点南西)
南行ホーム

駅は1917年3月3日のIRTホワイト・プレーンズ・ロード線177丁目駅(現:ウェスト・ファームズ・スクエア-イースト・トレモント・アベニュー駅)- 東219丁目駅(現:219丁目駅)間の延伸開業と同時に開業した。相対式ホーム2面と緩行線2線・急行線1線を有した2面3線の高架駅[3]、急行線は定期旅客列車の設定がなされていない。

1976年、エクソン・モービル社からの資金提供を受けて当駅には"巧みでユーモラスな落書き" (artfully humorous graffiti) のアートワークが設置された[4]。また、2004年から2007年の改修中にトミエ・アライの製作したアートワーク『Back to the Garden』が設置された。これは駅近くにある 動物園や植物園からインスパイアされた動物や植物のイメージを描いたステンドグラスにより構成されており、ホームの壁に設置されている。

出口[編集]

駅には2つの駅舎があり、どちらもホームの下にある。終日開いている改札口のある駅舎は南端にあり、南北ホームからの階段とエレベータが改札口まで接続しており、改札口には回転式改札機がある。また、南行ホームからはエスカレーターも接続している。改札外には、ペラム・パークウェイ南側道路とホワイト・プレーンズ・ロードの交差点南西に階段とエレベータが1つずつ、同交差点南東に階段1つと上りエスカレーターが1機接続している。南北ホームから改札口への2機と改札口から交差点南西への1機の計3機のエレベーターにより、この駅はADAに準拠している[5]

1990年代後半に改装された北駅舎は、各ホームから2つの階段が接続しており、ペラム・パークウェイ北側道路とホワイト・プレーンズ・ロードの交差点北西、同交差点北東の2箇所にそれぞれ1つずつ階段が接続している[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Facts and Figures: Annual Subway Ridership 2012–2017”. メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ (2018年7月12日). 2018年7月12日閲覧。
  2. ^ NPS Focus”. National Register of Historic Places. アメリカ合衆国国立公園局. 2011年12月24日閲覧。
  3. ^ Tracks of the New York City Subway”. Tracks of the New York City Subway. 2015年10月9日閲覧。
  4. ^ Burks, Edward C. (1976年11月18日). “A Subway Elongatomus? Why, It's Preposterous!”. ニューヨーク・タイムズ. 2016年9月21日閲覧。
  5. ^ a b MTA Neighborhood Maps: Pelham Parkway”. mta.info. メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ (2015年). 2016年7月20日閲覧。