ペリカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ペリカン科
モモイロペリカン
モモイロペリカン Pelecanus onocrotalus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ペリカン目 Pelecaniformes
: ペリカン科 Pelecanidae
Rafinesque, 1815
: ペリカン属 Pelecanus
Linnaeus, 1758

ペリカン (Pelecanus)は、動物界脊索動物門ペリカン目ペリカン科の属であり、モモイロペリカンがその模式種である。

目次

分布

アフリカ大陸北アメリカ大陸南アメリカ大陸沿岸部、ユーラシア大陸南部、アメリカ合衆国北西部、オーストラリアカナダ西部、スリランカニュージーランド

形態

最大種はハイイロペリカンで全長170cm。翼開張330cm。体重11kg。メスよりもオスの方が大型になる。全身は灰色や白い羽毛で被われる。初列風切の色彩は黒い。

嘴は大型で長く、下嘴から喉にかけて袋状に伸長する皮膚(咽喉嚢)がある。重心に胃があり、大量の獲物を胃に入れた状態でもバランスを崩さずに飛翔する事ができる。

ペリカンは、前後に頭の位置をシフトさせることによって、重心を変化させてバランスを維持する。また、両翼にある1対ないし3対程度の羽根エルロンのように動かすことで、左右のバランスを調整している。[1]

卵は白い殻で覆われる。

ペリカンの気嚢は、翼先端まで伸びている。 [2]

分類

生態

沿岸河川などに生息する。

食性は動物食で、主に魚類を食べる。[3]水面で獲物を水ごと咽喉嚢に含み、水だけを吐き出して捕食する。カッショクペリカンは空中から急降下して水中の獲物を捕らえる。稀に他の鳥類(鳩など)を捕食することもある。[4]また、甲殻類が捕食されることもある。[3]

繁殖形態は卵生。オスが巣を作る場所を決め、その場でメスに求愛する。メスが営巣し、オスは巣材を運ぶ。集団繁殖地(コロニー)を形成する。雌雄交代で抱卵し、抱卵期間は約1か月。育雛も雌雄共に行う。卵を複数個産んだ場合でも巣立つ雛は通常1羽で、巣立った幼鳥も生後1年以内に大半が死亡する。

人間との関係

ハイイロペリカンフィリピンペリカンは、漁業と競合する害鳥とみなされることもあり、開発による生息地の破壊、漁民によるコロニーの破壊により生息数が減少している。[5]

関連項目

ウィキメディア・コモンズ

脚注

  1. ^ W.Hawley Bowlus,I Studied the Birts to Learn to Fly, Popular Science, Bonnier Corporation出版、117巻、5号 ISSN 0161-7370 p.57, p.154
  2. ^ 菅野宏文 『オウム、大型インコの医・食・住』、どうぶつ出版 、2004年11月、ISBN 9784924603943、p.34
  3. ^ a b Maurice Burton, Robert Burton, International Wildlife Encyclopedia, Marshall Cavendish Corp; 3版 (2002/01), ISBN 978-0761472667, p.1909
  4. ^ ペリカンが生きた鳩を丸飲みして食べる動画
  5. ^ 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ1 ユーラシア、北アメリカ』、講談社2000年、64、179頁。

参考文献

  • 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ4 インド、インドシナ』、講談社、2000年、76、166頁。
  • 黒田長久監修 C.M.ペリンズ、A.L.A.ミドルトン編 『動物大百科7 鳥類I』、平凡社1986年、62-66、68頁。
執筆の途中です この項目「ペリカン」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類

今日は何の日(10月21日

もっと見る

「ペリカン」のQ&A