ペリフェラルバス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ペリフェラルバス英語: peripheral bus)とは、コンピュータバスの分類の一つで、プリンタハードディスクドライブ(HDD)などの周辺機器(ペリフェラル)を接続するために設計されたバスのことである。

この言葉は一般に、特定の種類のハードウェアに特化したものではなく、USBのような多種多様なデバイスに対応したバスのことを指す。シリアルATA(SATA)は、大容量ストレージデバイスとの通信用に設計・最適化されている。

この使用法は普遍的ではなく、ペリフェラルバスの定義の中には、PCIのような、システムバスではない全てのバスを含むものもある[1]

ペリフェラルバスの例[編集]

脚注[編集]