ペルソナ (クレジットカード)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社ペルソナ
Persona Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
530-0013
大阪府大阪市北区茶屋町19番19号
アプローズタワー17階
設立 1985年(昭和60年)9月30日
法人番号 1120001069212
事業内容

クレジットカード発行業務(包括信用購入あっせん業務)

キャッシング・サービス等金融業務(貸金業務)
代表者 敷島孝司(代表取締役)
資本金 1億円
純利益 2,476万5,000円(2011年3月期)[1]
純資産 7億2,558万7,000円(2011年3月期)[1]
総資産 11億8,296万円(2011年3月期)[1]
決算期 毎年3月期
主要株主 エイチ・ツー・オーリテイリング株式会社
外部リンク https://www.persona.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社ペルソナ(Persona Co., Ltd.)は、エイチ・ツー・オーリテイリング株式会社(以下「H2O」)の子会社で、クレジットカード (日本)の会員募集、会員サービスその他の事業を行う株式会社である。

1985年9月30日に設立。その後、株式会社阪急百貨店(現・H2O)の子会社となり、2003年8月1日に株式会社阪急東宝クレジットサービスから現在の商号に変更した。

現行カード[編集]

現行のクレジットカードは、2003年から取り扱っているものであり[2]、それまでのものから置き換えられた。また、翌2004年には、株式会社阪急カード(現・株式会社阪急阪神カード)と提携し[3]、株式会社スルッとKANSAIPiTaPaを搭載した提携カード2007年に現在のものにリニューアル[4])の取扱も開始している。

阪急百貨店阪神百貨店での前年度の利用額に応じて次年度に5%から最大10%の優待が受けられる。また、阪急阪神東宝グループの店舗を中心に優待加盟店での様々な特典が受けられる。ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレスカードは阪急百貨店・阪神百貨店での優待はないが、同店では利用額に関係なく常に10%(一部5%もしくは対象外あり)のSポイント(旧STACIAポイント)が加算される。

種類[編集]

現行のクレジットカードは、次表の通りである。2014年9月から現在の赤カードに移行した。赤カードは、利用額に応じて最大で10%のSポイントが貯まる(阪急百貨店・阪神百貨店各店での購入時。他の阪急阪神グループでは率が異なり、VISA加盟店では0.5%)。ソレーナSTACIAカードは3%固定の代わりにイズミヤでの特典が追加されており、2017年5月1日以降発行分はイズミヤ・阪急オアシス・阪急百貨店(うめだ本店・メンズ大阪・千里・川西・宝塚・西宮)・阪神梅田本店で使える電子マネー「Litta」にも対応している[5]。いずれも国際ブランドはVISAが付帯となる。

名称 カード発行会社 提携会社 PiTaPa iD
ペルソナSTACIA PiTaPaカード ペルソナ なし[6] あり なし
ペルソナSTACIAカード(iD) ペルソナ なし[6] なし あり
ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレスカード アメリカン・エキスプレス なし なし なし
博多阪急エメラルドカード ペルソナ 三菱UFJニコス阪急阪神カード なし なし
ソレーナSTACIAカード ペルソナ なし[6] なし なし

過去に扱っていた種類[編集]

カードが青色のカードは、2014年8月31日を以て新規申し込みを終了した。

名称 カード発行会社 提携会社 PiTaPa
ペルソナJCBカード ジェーシービー(※1) (なし) なし
ペルソナVISAカード 三井住友カード(※2)
ペルソナSTACIA PiTaPa JCBカード ジェーシービー 阪急阪神カード あり
ペルソナSTACIA PiTaPa VISAカード 三井住友カード

※1 ジェーシービー及びジェーシービーの指定するカード発行会社がカード発行会社となる場合がある。

※2 近畿しんきんカード、関西クレジット・サービス、りそなカード、みなとカード又はブイアイがカード発行会社となる場合がある。

ペルソナカード[編集]

株式会社ペルソナは、かつて「ペルソナカード」と呼ばれるクレジットカードを自社で発行していた。一般タイプの白いカードと、赤い「タカラヅカレビューペルソナカード(宝塚友の会会員証)」とがあり、それぞれ、プロパーカード・VISA付き・JCB付きがあった。当初のCMには元・宝塚歌劇団麻実れいが出演していた。阪急東宝グループ(当時)各社の特典を前面に押し出していたが、白の一般カードについては2003年11月以降現行カードへの切り替えを推進し、宝塚友の会会員証については2004年12月から新規発行および既存会員への更新発行を打ち切り(代わりに三井住友カードが「タカラヅカレビューHANA PLUS」を発行するようになった)、2006年1月31日をもって、カードに刻印されている有効期限にかかわらず取り扱いを終了した。

2014年8月29日に、ペルソナを発行会社(プロセシングは三井住友カードに委託)とする新ペルソナカードの発行を発表。同カードの特典は優待では無くSTACIAポイントに変更になった[7]。カードの色はこれまでの青から赤に変更になる。ただし、自動的に青カードから赤カードへは変更されず、改めて赤いペルソナカードへの申し込みが必要になる[8]

関連項目[編集]

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「株式会社ペルソナ 第26期(平成22年4月1日から平成23年3月31日まで)貸借対照表及び個別注記表」 {{{1}}} (PDF)
  2. ^ ペルソナカードが新しく生まれ変わります。 (PDF)
  3. ^ スルッとKANSAIのICカード決済サービス「PiTaPa」搭載阪急電鉄グループICカード「HANA PLUSカード」8月1日デビュー (PDF)
  4. ^ 10月1日 新グループカード『STACIA』デビュー (PDF)
  5. ^ 電子マネーlitta(リッタ) - ペルソナ (2017年11月23日閲覧)
  6. ^ a b c プロセシングは三井住友カードに委託。
  7. ^ 新ペルソナカードの発行とカード事業の再構築について (PDF) - ペルソナ・阪急阪神カード 2014年8月29日
  8. ^ 青いペルソナカードをお持ちの方へ - ペルソナ 2014年10月19日閲覧