ペルビアン航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ペルビアン航空
Peruvian Airlines - Logo.png
IATA
P9
ICAO
PVN
コールサイン
PERUVIAN
設立 2007年11月
運航開始 2008年10月29日
ハブ空港 ホルヘ・チャベス国際空港
保有機材数 13機
就航地 10都市
スローガン スペイン語: Puntualidad y Servicio
本拠地 ペルーの旗 ペルー リマ
代表者 Alberto Lopez Bustillo(ゼネラルマネジャー、2012年10月から)
外部リンク www.peruvian.pe
テンプレートを表示

ペルビアン航空(ペルビアンこうくう、英語: Peruvian Airlines)とは、ペルーに拠点を置く航空会社である。現在、ホルヘ・チャベス国際空港を中心に8便の国内線と1便の国際線を運航している[1]

歴史[編集]

ペルビアン航空は2007年11月に設立された。2008年8月7日ペルーの航空局から航空運送事業許可が下り[2]、同年10月29日に運航を開始した。

就航地[編集]

ペルビアン航空の就航地は以下の通り。(2017年3月時点)

都市 空港
アレキパ ロドリゲス・バロン国際空港
クスコ アレハンドロ・ベラスコ・アステテ国際空港
イキトス フランシスコ・セカダ・ビグネッタ大佐国際空港
ハウハ フランシスコ・カルレ空港
リマ ホルヘ・チャベス国際空港
ピウラ カピタン・FAP・ギジェルモ・コンチャ・イベリコ国際空港
タクナ コロネル・FAP・カルロス・シリアーニ・サンタ・ロサ国際空港
プカルバ カピタン・ダビー・アベンスル・レンヒフォ国際空港
タラポト Cad. FAP ギジェルモ・デル・カスティージョ・パレーデス空港
ラパス エル・アルト国際空港

保有機材[編集]

ペルビアン航空の機体
ペルビアン航空のボーイング737-200は退役し、ボーイング737-300/400/500に置き換え。

ペルビアン航空の保有機材は以下の通り。(2017年10月現在)[3]

ペルビアン航空の保有機材
機種 保有数 座席数 備考
ボーイング737-200 2 120 退役済。737-300/400/500に置き換え。
ボーイング737-300 5 144
ボーイング737-400 1 176
ボーイング737-500 5 120

事故[編集]

脚注[編集]