ペルフェナジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ペルフェナジン
Perphenazine.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
  • AU: C
  • US: C
法的規制
投与方法 oral and i.m.
薬物動態データ
生物学的利用能 40%
代謝 hepatic
半減期 8-12 (up to 20) hours
排泄 biliar
識別
CAS番号
(MeSH)
58-39-9
ATCコード N05AB03
PubChem CID: 4748
IUPHAR/BPS 209
DrugBank APRD00429
KEGG D00503
化学的データ
化学式 C21H26ClN3OS
分子量 403.97

ペルフェナジン(: Perphenazine) は、定型抗精神病薬の一つ。化学的にはフェノチアジンピペラジニルとして分類される。1956年にCusic によって合成され、日本では1959年より販売されている[1]。商品名ピーゼットシー (PZC)(田辺三菱製薬)、トリラホン共和薬品)で販売される。

ペルフェナジンは、クロルプロマジンの約5倍の力価を示す[2]。 よってペルフェナジンは中力価の抗精神病薬とされている。[3][4]

効能・効果[編集]

統合失調症、術前・術後の悪心・嘔吐、メニエル症候群(眩暈, 耳鳴)

出典[編集]

  1. ^ ピーゼットシー®筋注2 mg (PDF)”. 田辺三菱製薬. pp. p.1 (2007年10月). 2010年7月4日閲覧。
  2. ^ Rees L (August 1960). “Chlorpromazine and allied phenothiazine derivatives”. British Medical Journal 2 (5197): 522–5. doi:10.1136/bmj.2.5197.522. PMC 2097091. PMID 14436902. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2097091 2009年6月22日閲覧。. 
  3. ^ Ascher-Svanum H, Zhu B, Faries D, Landbloom R, Swartz M, Swanson J (2006). “Time to discontinuation of atypical versus typical antipsychotics in the naturalistic treatment of schizophrenia”. BMC Psychiatry 6: 8. doi:10.1186/1471-244X-6-8. PMC 1402287. PMID 16504026. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1402287 2009年6月22日閲覧。. 
  4. ^ Freudenreich, Oliver (2007). “Treatment of psychotic disorders”. Psychotic disorders. Practical Guides in Psychiatry. Lippincott Williams & Wilkins. p. 88. ISBN 978-0-7817-8543-3. http://books.google.co.uk/books?id=Y58hbZN-lZYC&pg=PA88&lpg=PA88&dq=perphenazine+eps+medium+potency&source=bl&ots=XCuOf1Zymn&sig=bZt_mF9cTFQn3U5-li2mCKloiOY&hl=en&ei=YN4_SrapC4S5jAer0rwH&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=4 2009年6月22日閲覧。.