ペレグリン・バーティー (第3代アンカスター=ケスティーヴァン公爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第3代アンカスター=ケスティーヴァン公爵ペレグリン・バーティー英語: Peregrine Bertie, 3rd Duke of Ancaster and Kesteven PC1714年1778年8月12日)は、グレートブリテン王国の貴族。1715年から1723年までウィロビー・デ・エレスビー卿、1735年から1742年までリンジー侯爵儀礼称号を使用した。

生涯[編集]

第2代アンカスター=ケスティーヴァン公爵ペレグリン・バーティーとジェーン・ブラウンローの長男として生まれ、1742年に父が死去すると爵位を継承した[1]

1742年から1778年まで式部卿リンカーンシャー知事英語版を、1755年から1765年まで寝室侍従英語版を、1766年から1778年まで主馬頭英語版を務めた[2]。また、軍階では1755年に少将に、1759年に中将に、1772年に大将になった[2]

1778年8月12日に死去、息子ロバートが爵位を継承した[1]

家族[編集]

アンカスター=ケスティーヴァン公爵夫人メアリー・パントン英語版

1735年5月22日、エリザベス・ブランデル(Elizabeth Blundell、1743年12月没、ウィリアム・ブランデルの娘で相続人)と結婚したが、2人は子供をもうけなかった[1]。1750年11月27日、メアリー・パントン英語版(1793年10月19日没、トマス・パントンの娘)と再婚[1]、3男3女をもうけた[3]

  • メアリー・キャサリン(1754年4月14日 – 1767年4月12日)
  • ペレグリン・トマス(1755年5月21日 – 1758年12月12日)
  • 息子(1759年9月14日) - 夭折
  • ロバート(1756年10月17日 – 1779年7月8日) - アンカスター=ケスティーヴァン公爵
  • プリシラ(1761年2月16日 – 1828年12月29日) - ウィロビー・デ・エレスビー女男爵
  • ジョージアナ・シャーロット英語版(1761年8月7日 – 1838年6月23日) - 1791年4月25日、初代チャムリー侯爵ジョージ・チャムリー英語版と結婚

脚注[編集]

  1. ^ a b c d (英語) Burke's Peerage (99th edition ed.). (1949). p. 52. https://archive.org/details/burkesgenealogic1949unse/page/52. 
  2. ^ a b George Edward Cokayne英語版, ed. Vicary Gibbs英語版, The Complete Peerage英語版, volume I (St Catherine Press, London 1910) p. 128.
  3. ^ “Monumental Memoirs of the Bertie Family”. The Gentleman's Magazine 78: 21–22. (1808). https://books.google.com/books?id=9hJEAQAAMAAJ&pg=PA21. 
公職
先代:
第2代アンカスター=ケスティーヴァン公爵
式部卿
1742年 – 1778年
次代:
第4代アンカスター=ケスティーヴァン公爵
先代:
ウェイマス子爵
シャーロット王妃主馬頭英語版
1765年 – 1766年
次代:
第2代デ・ラ・ウォー伯爵英語版
先代:
初代ハートフォード伯爵
主馬頭英語版
1766年 – 1778年
次代:
初代ノーサンバーランド公爵
名誉職
先代:
第2代アンカスター=ケスティーヴァン公爵
リンカーンシャー知事英語版
1742年 – 1778年
次代:
第4代アンカスター=ケスティーヴァン公爵
グレートブリテンの爵位
先代:
ペレグリン・バーティー
アンカスター=ケスティーヴァン公爵
1742年 – 1778年
次代:
ロバート・バーティー