ペレース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ペレース古希: Φέρης, Pherēs)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してペレスとも表記される。主に、

の2人が知られている。以下に説明する。

クレーテウスの子[編集]

このペレースは、テッサリアーイオールコスの王クレーテウスとテューローの子で、アイソーンアミュターオーンと兄弟[1]ペリアースネーレウスとは異父兄弟[2]アドメートス、リュクールゴス[3]、エイドメネー[1]、ペリオーピスの父[4]

ペレースはテッサリアーのペライ市の創建者である。子供のうちリュクールゴスはネメアーの王となり[3]、アドメートスはペライの王権を継承した[5]。エイドメネーはアミュターオーンと結婚し、メラムプースビアースの母となった[1]。ペリオーピスは一説にパトロクロスの母であるといわれる[4]

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘレーン
 
オルセーイス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイオロス
 
エナレテー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルキュオネー
 
カナケー
 
カリュケー
 
デーイオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シーシュポス
 
アタマース
 
マグネース
 
ペリエーレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アローエウス
 
エンデュミオーン
 
ケパロス
 
サルモーネウス
 
 
 
 
 
 
グラウコス
 
プリクソス
 
ディクテュス
 
ポリュデクテース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アウトリュコス
 
アローアダイ
 
 
 
 
 
ポセイドーン
 
テューロー
 
クレーテウス
 
ベレロポーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポリュメーデー
 
アイソーン
 
 
 
ペレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イアーソーン
 
 
 
 
 
ペリアース
 
アナクシビアー
 
 
ネーレウス
 
クローリス
 
 
 
 
アミュターオーン
 
エイドメネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アドメートス
 
アルケースティス
 
アカストス
 
ペリクリュメノス
 
ネストール
 
ペーロー
 
ビアース
 
メラムプース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エウメーロス
 
プローテシラーオス
 
ラーオダメイア
 
 
 
アンティロコス
 
ペイシストラトス
 
タラオス
 
アバース
 
アンティパテース
 
 


イアーソーンの子[編集]

このペレースは、イアーソーンとメーデイアの子で、メルメロスと兄弟である。

コルキスからギリシアに帰ってきたイアーソーンはコリントスに住み、メーデイアとの間にペレースとメルメロスも生まれた。しかしコリントスの王クレオーンは娘のグラウケー(クレウーサとも[6][7])とイアーソーンを結婚させようとし、イアーソーンもこれを受け入れて、メーデイアと離婚した。このためメーデイアはグラウケーに毒の長衣(ペプロス)を贈ってクレオーンとともに焼き殺し、さらにペレースとメルメロスを殺した。あるいはメーデイアは逃げるときに子供たちをヘーラーの祭壇に残したので、コリントス人たちに殺されたともいわれる[8]

ヒュギーヌスによるとペレースとメルメロスはメーデイアに命じられて、魔法の冠を花嫁のクレウーサに持って行かせ、この冠によってクレウーサとクレオーン、イアーソーンは焼け死に、その後でペレースとメルメロスもメーデイアに殺されたと述べている[6][7]

パウサニアスによると、幼いペレースとメルメロスはメーデイアの言いつけで毒の贈物をグラウケーに持って行った。しかしその贈物が原因でグラウケーが死んだとき、2人はコリントスの人々に石打ちの刑で殺された[9]。死後、ペレースとメルメロスは亡霊となって子供たちを殺したため、コリントスの人々は毎年2人に犠牲を捧げ、またコリントスの子供たちは自分の髪を切り、黒衣に身を包んだ。供儀は前146年のコリントスの戦いローマ人が市を破壊するまで続いたという[10]。なお、コリントスには2人の合葬墓があった[9]。別の説ではメーデイアは子供を不死にするためにヘーラー神殿に隠したが、それを知ったイアーソーンはコリントスを去り、メーデイアもコリントスをシーシュポスに譲って去った[11]

系図[編集]

オケアノス
 
テーテュース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペルセーイス
 
ヘーリオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キルケー
 
オデュッセウス
 
 
クレータの牡牛
 
パーシパエー
 
ミーノース
 
 
 
ペルセース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エイデュイア
 
アイエーテース
 
 
ラティーノス
 
テーレゴノス
 
 
ミーノータウロス
 
カトレウス
 
デウカリオーン
 
アリアドネー
 
パイドラー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メーデイア
 
イアーソーン
 
 
カルキオペー
 
プリクソス
 
 
アプシュルトス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メルメロス
 
ペレース
 
アルゴス
 
キュティッソーロス
 
プロンテス
 
メラース
 
プレスボーン
 


脚注[編集]

  1. ^ a b c アポロドーロス、1巻9・11。
  2. ^ アポロドーロス、1巻9・8。
  3. ^ a b アポロドーロス、1巻9・14。
  4. ^ a b アポロドーロス、3巻13・8。
  5. ^ アポロドーロス、1巻9・15。
  6. ^ a b ヒュギーヌス、25話。
  7. ^ a b ヒュギーヌス、239話。
  8. ^ アポロドーロス、1巻9・28。
  9. ^ a b パウサニアス、2巻3・6。
  10. ^ パウサニアス、2巻3・7。
  11. ^ パウサニアス、2巻3・11。

参考文献[編集]