ペンエア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ペンエア
PenAir Saab 340B N406XJ.jpg
IATA
7H
ICAO
NLA
コールサイン
PENINSULA
設立 1955年
運航停止 2020年4月5日
ハブ空港 テッド・スティーブンス国際空港
マイレージサービス Mileage Plan
保有機材数 6
就航地 8
本拠地 アラスカ州アンカレッジ
テンプレートを表示

ペンエア: PenAir)ことペニンシュラエアウェイズ: Peninsula Airways)はアメリカ合衆国航空会社

ペニンシュラは英語半島の意味である。

概要[編集]

1955年キングサーモンパイロットポイント間の地域航空会社として創業。使用機材はパイパーPA-20

1969年から1991年の間は、リーブ・アリューシャン航空コードシェアをしていた。

1991年からはアラスカ航空レイバンアラスカ航空コードシェアをしている。

2017年連邦倒産法11章の適用を受けたが、運航を継続した。

その後、アラスカ航空やフロンティアフライングサービスの資金援助により経営を再建した。

2019年6月1日をもって自社ウェブサイト閉鎖し、レイバンアラスカ航空ウェブサイトに統合された。

就航都市[編集]

都市 空港
アメリカ合衆国 アラスカ州アンカレジ アンカレジ空港
アメリカ合衆国 アラスカ州コールドベイ コールドベイ空港
アメリカ合衆国 アラスカ州、ディリングハム ディリングハム空港
アメリカ合衆国 アラスカ州ウナラスカ ウナラスカ空港
アメリカ合衆国 アラスカ州キングサーモン キングサーモン空港
アメリカ合衆国 アラスカ州コディアク コディアク空港
アメリカ合衆国 アラスカ州フェアバンクス フェアバンクス空港
アメリカ合衆国 アラスカ州サンドポイント サンドポイント空港
サーブ2000

全便アラスカ航空レイバンアラスカ航空コードシェア

保有機材[編集]

機材 保有数 座席数 備考
サーブ2000 5 45 事故で一機損失
グラマン G-21 1 2012年から使用歴なし。
グラマン G-44 1
グラマン G-21

過去の機材[編集]

セスナ208

セスナ441

パイパーPA-31

パイパーPA-32

サーブ340

事故[編集]

ウナラスカ空港の滑走路を逸脱したペンエアのサーブ2000

2001年10月10日ペンエア350便(セスナ208)がディリングハム空港離陸直後に不時着。乗客乗員は全員生存した。

2019年10月17日ペンエア3296便サーブ2000)がウナラスカ空港着陸を失敗し乗客一名が死亡。

関連項目[編集]

https://www.flyravn.com/(英語)公式ホームページ