ペンギン探偵団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ペンギン探偵団』(ペンギンたんていだん)は、猫部ねこによる日本漫画作品。

概要[編集]

なかよし』(講談社)において1988年の2月号と3月号で連載された。単行本では3本の読み切り作品と同時収録された。

登場人物[編集]

藤原 渚(ふじわら なぎさ)
本作のヒロインで、筆銀(ペンギン)学園の生徒。遅刻常習の免除の代わりに生徒会長の北条から学園内のトラブルの解決を依頼される。
北条 高明(ほうじょう たかあき)
筆銀学園の生徒会長。本作では客演作品の『きんぎょ注意報!』に比べると良心的な人物になっている。
織田 政子(おだ まさこ)
筆銀学園の生徒副会長。本作では北条とは険悪な関係にある。
山田 二三男(やまだ ふみお)
筆銀学園の生徒で、本作の騒動の黒幕。実は『きんぎょ注意報!』に登場する「田中山」の甥。

書誌情報[編集]

  • 『ペンギン探偵団』 講談社〈講談社コミックスなかよし〉、1990年3月6日発行、ISBN:978-4-06-178655-4
    • 『気になるメモリー』 - 初出は『なかよし』の1987年新年号。
    • 『ムーンライトマジック』 - 初出は『なかよしデラックス』の1987年秋の号。
    • 『双子のドロップ』 - 初出は『なかよし』の1988年12月号。