ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ペンタゴン・ペーパーズ/
最高機密文書
The Post
The post logo.png
監督 スティーヴン・スピルバーグ
脚本 リズ・ハンナ
ジョシュ・シンガー
製作 エイミー・パスカル
スティーヴン・スピルバーグ
クリスティ・マコスコ・クリーガー
出演者 メリル・ストリープ
トム・ハンクス
サラ・ポールソン
ボブ・オデンカーク
トレイシー・レッツ英語版
ブラッドリー・ウィットフォード
ブルース・グリーンウッド
マシュー・リース
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 ヤヌス・カミンスキー
編集 マイケル・カーン
製作会社 ドリームワークス
アンブリン・パートナーズ
アンブリン・エンターテインメント
パスカル・ピクチャーズ
スター・スローワ・エンターテインメント
20世紀フォックス
パーティシパント・メディア
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
世界の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 2017年12月22日(限定公開)
アメリカ合衆国の旗 2018年1月12日(拡大公開)[1][2]
日本の旗 2018年3月30日[2]
上映時間 116分[3]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $50,000,000[4]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $81,903,458[5]
世界の旗 $177,670,352[5]
日本の旗 7億4700万円[6]
テンプレートを表示

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(ペンタゴン・ペーパーズ/さいこうきみつぶんしょ、原題:The Post)は、2017年アメリカ合衆国サスペンス映画

ベトナム戦争を分析・記録したアメリカ国防総省の最高機密文書=通称「ペンタゴン・ペーパーズ」の内容を暴露したワシントン・ポストの2人のジャーナリストの実話を映画化した社会派ドラマ。スティーヴン・スピルバーグ監督、メリル・ストリープトム・ハンクス出演[7]

本作は2017年ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞の作品賞男優賞女優賞を受賞し[8]、AFI賞のムービー・オブ・ザ・イヤー[9]タイムのトップ10フィルム・オブ・ザ・イヤーに選出された[10]。さらに、第90回アカデミー賞作品賞および主演女優賞第75回ゴールデングローブ賞作品賞 (ドラマ部門)監督賞主演女優賞 (ドラマ部門)(ストリープ)、主演男優賞 (ドラマ部門)(ハンクス)、脚本賞作曲賞の6部門にノミネートされた[11]

あらすじ[編集]

ジョン・F・ケネディリンドン・B・ジョンソンの両大統領によってベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に戦争に対する疑問や反戦の気運が高まっていたリチャード・ニクソン大統領政権下の1971年、以前に戦況調査で戦場へ赴いたことがある軍事アナリスト ダニエル・エルズバーグは、ロバート・マクナマラ国防長官の指示の元で自らも作成に関わった、ベトナム戦争を分析及び報告した国防総省の最高機密文書「ペンタゴン・ペーパーズ」を勤務先のシンクタンク、ランド研究所から持ち出しコピー機で複写、それをニューヨーク・タイムズ紙の記者 ニール・シーハンに渡し、ニューヨーク・タイムズがペンタゴン・ペーパーズの存在をスクープする。

ワシントン・ポスト紙の発行人のキャサリン・グラハムと部下で編集主幹のベン・ブラッドリーは、ペンタゴン・ペーパーズについての報道の重要性を理解し、ベンはキャサリンの友人でもあるマクナマラ長官からニューヨーク・タイムズが掲載しなかった残りの文書を手に入れるよう、彼女に進言する。だが、友人を追い詰めたくないとキャサリンから拒否され、ベンが仕方なく別の情報源を探り始めたとき、デスクに謎の女性から文書の一部が持ち込まれる。至急記事にしようと躍起になるベン達だったが、この文書もタイムズ紙から先にスクープされてしまう。しかし、2回も政府の機密文書をスクープしたことで、タイムズ紙は政府から記事の差し止めを要請される。それを知ったキャサリンはベンにその旨を伝え、差し止め命令が下されれば記事にすると法律違反となり、ポスト紙での掲載もできないと警告するが、これをチャンスと見たベンは、彼女の注意をよそに文書の入手を部下に命じる。

かつてランド研究所に勤めていたポスト紙の編集局次長 ベン・バグディキアンは、リークした人物が自分の知人ではないかと推測し、エルズバーグと接触することに成功する。そして、彼から残りの文書を入手してベンの自宅に運び、ページ番号が切り取られ順番がバラバラになった文書を、ベンが呼び集めた記者数人で繋ぎ合わせ、法律顧問からも法律上の問題について話し合おうとする。だが、記事掲載を役員と法律顧問から反対され、記者達は彼らと舌戦を繰り広げる。文書を記事にすると自社を潰すことになるのではと危惧し、選択に苦悩するキャサリンはマクナマラ長官にアドバイスを求め、その夜、電話でベン達から決断を迫られる。側近のフリッツ・ビーブが「自分なら掲載しない」との発言を受け、記事の掲載を決断する。そしてニューヨーク・タイムズと時に争いながらも連携し、「戦争中における政府の機密漏洩」という事態そのものを問題視し、記事を差し止めようとする政府と裁判を通じて戦う。

キャスト[編集]

キャサリン・グラハム
演 - メリル・ストリープ、日本語吹替 - 高島雅羅
ワシントン・ポスト社主・発行人。
自殺した夫フィリップ・グラハムからポスト社の経営を引き継いだ。家族が築いてきた会社のことを考え行動しているが、役員会からは彼女が発行人であることに対して否定的な意見が上がっている。
立場上重要人物と交流する機会が多く、友人のマクナマラ長官らと交流する中でペンタゴン・ペーパーズの存在を知り、部下のベンと連携して情報を探るが、マクナマラから直接文書を入手することについては犯罪行為として頑なに拒む。
ベンとは信頼関係を築いているが、文書の記事掲載については株主公開を控えた会社のことも考え、ぶつかり合う。
ベン・ブラッドリー
演 - トム・ハンクス、日本語吹替 - 江原正士
ワシントン・ポスト編集主幹。
キャサリンがやめさせたアルフレッド・フレンドリー英語版の後任として、ニューズウィークから引き抜かれた。役員からは取材費用が掛かり過ぎるとして、海賊と呼ばれ評判が悪い。
ライバル紙のニューヨーク・タイムズが大スクープをつかんだことにいち早く気付き、タイムズがペンタゴン・ペーパーズをスクープしてからはキャサリンやバグディキアンらと連携し、残りの文書の入手を試みる。
地方紙であるポスト紙をタイムズ紙と並ぶ一流紙にのし上げることともに、報道の自由を守るためキャサリンを説得し、文書の記事掲載に反対する役員や、圧力をかけてくる政府に屈せず記事掲載を目指す。
かつてはジョン・F・ケネディと友人関係で、たびたびパーティ等に招待されていた。
トニー・ブラッドリー
演 - サラ・ポールソン、日本語吹替 - 相沢恵子
ベン・ブラッドリーの妻。
ベン・バグディキアン英語版
演 - ボブ・オデンカーク、日本語吹替 - 安原義人
ワシントン・ポスト編集局次長・記者。
以前はシンクタンクのランド研究所に勤務しており、ペンタゴン・ペーパーズをリークしたエルズバーグとは元同僚で、彼に接触して文書を手に入れようと奔走する。
フリッツ・ビーブ
演 - トレイシー・レッツ英語版、日本語吹替 - 立川三貴
ワシントン・ポスト取締役会長。
経営に携わったばかりのキャサリンをそばで支え、彼女からも全幅の信頼を寄せられている。
アーサー・パーソンズ
演 - ブラッドリー・ウィットフォード
ワシントン・ポスト取締役。
ロバート・マクナマラ
演 - ブルース・グリーンウッド、日本語吹替 - 花田光
第8代アメリカ合衆国国防長官。
表向きは政府の公表通りにメディア対応するが、内心は政府がベトナム戦争の実情を隠ぺいしていることに憤りを感じており、エルズバーグらにベトナム戦争の報告書を作成させる。
ダニエル・エルズバーグ
演 - マシュー・リース
元アメリカ合衆国軍事アナリスト。
報告書作成のため戦地を訪れ、そこで知ったベトナム戦争の実情を国民に知らせるため、勤務先の研究所から文書を持ち出し、同僚のアンソニー・ルッソと共に実業家 リンダ・シネイの協力を得て文書を複製する。
メグ・グリーンフィールド英語版
演 - キャリー・クーン
ワシントン・ポスト社説編集。
ラリー・グラハム・ウェイマウス英語版
演 - アリソン・ブリー
キャサリン・グラハムの娘。
ロジャー・クラーク
演 - ジェシー・プレモンス
ワシントン・ポスト顧問弁護士。
アンソニー・エッセイ
演 - ザック・ウッズ
ワシントン・ポスト顧問弁護士。
ハワード・サイモンズ英語版
演 - デヴィッド・クロス
ワシントン・ポスト編集局次長。
フィル・ジェイリン英語版
演 - パット・ヒーリー
ワシントン・ポスト記者・社説編集。
ジーン・パターソン英語版
演 - ジョン・ルー、日本語吹替 - さかき孝輔
ワシントン・ポスト編集局長。
マレー・マーダー
演 - リック・ホームズ英語版
ワシントン・ポスト記者。
チャルマーズ・ロバーツ
演 - フィリップ・キャズノフ英語版
ワシントン・ポスト外交特派員主任。
ジュディス・マーティン英語版
演 - ジェシー・ミューラー英語版
ワシントン・ポスト記者・コラムニスト。
エイブ・ローゼンタール
演 - マイケル・スタールバーグ
ニューヨーク・タイムズ編集局長。
ドナルド・E・グラハム英語版
演 - スターク・サンズ
ワシントン・ポスト記者。
ニール・シーハン英語版
演 - ジャスティン・スウェイン英語版
ニューヨーク・タイムズ記者。
エルズバーグからペンタゴン・ペーパーズのコピーを入手し、最初に文書をスクープする。

スタッフ[編集]

日本語版スタッフ

製作[編集]

2016年10月、エイミー・パスカルはリズ・ハンナが執筆した『The Post』というタイトルの脚本の映画化権を獲得したと発表した[12]。2017年2月、スティーヴン・スピルバーグは、キャスティングが難航していた『The Kidnapping of Edgardo Mortara』のプリプロダクションを休止させたため、他の作品の監督に注力する時間ができた[4]。2017年3月、メリル・ストリープとトム・ハンクスに出演オファーが出ているとの報道があった[13]。そこで、スピルバーグは「脚本の初稿を読んだとき、映画化まで2年も3年も待てるような作品ではない、つまり、すぐにこれを映画化しなければならないと感じました。」と語っている[14]。スピルバーグ、ストリープ、ハンクスの3人が、共に同じ作品に参加するのは初である[15][16]。スピルバーグは難航していた『レディ・プレイヤー1』のポスト・プロダクション作業と並行して、本作を製作することにした。その際、『ジュラシック・パーク』と『シンドラーのリスト』を並行して製作したときの手法が使用された[17]。撮影開始の10週間前に、ジョシュ・シンガーが脚本をリライトすることになった[18]

2017年5月30日、本作の主要撮影ニューヨークで始まった[19]。6月6日、本作のタイトルが『The Post』から『The Papers』に変更されるとの報道があり、それと同時にアリソン・ブリー、デヴィッド・クロス、ブルース・グリーンウッド、トレイシー・レッツ、キャリー・クーン、ボブ・オデンカーク、サラ・ポールソン、ジェシー・プレモンスらの起用が発表された[20]。8月25日、本作のタイトルが再び『The Post』に変更された[21]。本作のファイナル・カットが完成したのは11月6日のことであった[22]。スピルバーグの作品で「最も短期間で完成」[23]した作品となり、「この映画は私たちにとっての『ツイート』のようなものです」[23]とも発言をしている。

音楽[編集]

2017年7月、ジョン・ウィリアムズが本作で使用される楽曲を作曲すると報じられた。ウィリアムズは『レディ・プレイヤー1』で使用される楽曲の作曲も手掛ける予定だったが、双方のポスト・プロダクション作業の時期が重なったため、彼は本作の仕事に専念することにした[24]。10月30日、楽曲の収録がロサンゼルスで始まった[25]

マーケティング[編集]

2017年10月31日、本作のスチル写真が公開された[26]。11月7日、『ザ・レイト・ショー・ウィズ・スティーヴン・コルベア』で本作のファースト・トレイラーが公開され、翌日にはポスターが公開された[27][28][29]。11月21日には、『Uncover the Truth』と題されたTVコマーシャルが放送された[30][31]

騒動[編集]

2018年1月14日、本作がレバノンのレイティング審査で却下されたという報道があった。スピルバーグ監督が『シンドラーのリスト』(1993年)でエルサレムでの撮影を行ったことが問題視されたためである[32]。17日、レバノンの首相を務めるサード・ハリーリーの介入もあって、本作に対する上映禁止の決定が覆されたと報じられた[33]

評価[編集]

興行収入[編集]

製作費5000万ドルに対し、アメリカ合衆国とカナダで$81,903,458、他国で$95,766,894を稼ぎ、合計は$177,670,352となった[5]

12月22日~24日の公開週末に限定すると、9の劇場で$526,011を稼いだ(クリスマスを含めた4日間の合計は$762,057となった)。次週には$561,080を稼ぎ、劇場ごとの平均額は$62,342となり、2017年で最も稼いだものの一つとなった[34]

当事者からの評価[編集]

1970年代前半の『ニューヨーク・タイムズ』記者のジェームズ・グリーンフェルド、アラン・シーガル、ジェームズ・グッデイル、マックス・フランケルは、本作がペンタゴン・ペーパーズをめぐる一連の報道における同紙の役割を軽視していると批判している[35]

受賞[編集]

発表日 カテゴリ 対象者 結果 出典
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 2017年11月28日 作品賞 受賞 [36]
主演男優賞 トム・ハンクス 受賞
主演女優賞 メリル・ストリープ 受賞
アカデミー賞 2018年3月4日 作品賞 ノミネート [37]
主演女優賞 メリル・ストリープ ノミネート
ACEエディ賞 2018年1月26日 長編映画編集賞 (ドラマ部門) マイケル・カーン
サラ・ブロシャー
ノミネート [38]
アメリカン・フィルム・インスティチュート 2018年1月5日 ムービー・オブ・ザ・イヤー 受賞 [39]
美術監督組合 2018年1月27日 歴史映画部門 リック・カーター ノミネート [40]
放送映画批評家協会賞 2018年1月11日 キャスト(アンサンブル演技)賞 ノミネート [41]
主演男優賞 トム・ハンクス ノミネート
主演女優賞 メリル・ストリープ ノミネート
監督賞 スティーヴン・スピルバーグ ノミネート
編集賞 マイケル・カーン
サラ・ブロシャー
ノミネート
オリジナル脚本賞 リズ・ハンナ
ジョシュ・シンガー
ノミネート
作品賞 ノミネート
作曲(音楽)賞 ジョン・ウィリアムズ ノミネート
ゴールデングローブ賞 2018年1月7日 主演男優賞 (ドラマ部門) トム・ハンクス ノミネート [42]
主演女優賞 (ドラマ部門) メリル・ストリープ ノミネート
監督賞 スティーヴン・スピルバーグ ノミネート
作品賞 (ドラマ部門) ノミネート
作曲賞 ジョン・ウィリアムズ ノミネート
脚本賞 リズ・ハンナ
ジョシュ・シンガー
ノミネート
サターン賞 2018年1月27日 スリラー映画賞 ノミネート [43]

備考[編集]

  • エンドクレジットで本作は2012年に他界した映画監督ノーラ・エフロンに捧げられている。エフロンはホワイトハウスでインターンを行った経験やニューヨーク・ポストのジャーナリストを務めた経験がある。また、エフロンの元・夫はカール・バーンスタインであり、1972年にボブ・ウッドワードと共にウォーターゲート事件を告発したワシントン・ポストのジャーナリストである。本作の後日談とも言える『大統領の陰謀』の脚本を推敲する過程で、バーンスタインを通じエフロンもクレジット無しで関わっており、彼女が書いたシークエンスが一つ(現実の取材活動には無いフィクションだが)残っている。
  • スピルバーグは生前のエフロンと親しく、メリル・ストリープとトム・ハンクスの双方もエフロン監督作に出演したことがある。また、1986年のエフロン脚本作品『心みだれて』はエフロン自身の経験をベースとした半自伝映画であり、エフロンがモデルのキャラクターをストリープが演じた。
  • マクナマラ国防長官を演じたのは『13デイズ』ではマクナマラの上司であるジョン・F・ケネディ役も演じたブルース・グリーンウッド。本作同様『大統領の陰謀』やワシントン・ポスト誌と深い関係のある『ザ・シークレットマン』が近い時期に公開されているが、グリーンウッドはそちらにも出演している。

脚注[編集]

  1. ^ Lang, Brent (2017年4月22日). “Steven Spielberg Pentagon Papers Drama Gets 2017 Oscar-Season Release”. Variety (Variety Media, LLC). http://variety.com/2017/film/news/steven-spielberg-tom-hanks-meryl-streep-oscars-1202392948/ 2017年6月6日閲覧。 
  2. ^ a b “メリル・ストリープ×トム・ハンクス初共演のスピルバーグ監督作、18年3月日本公開決定”. 映画.com. (2017年11月14日). http://eiga.com/news/20171114/7/ 2017年11月27日閲覧。 
  3. ^ The Post”. British Board of Film Classification. 2017年12月15日閲覧。
  4. ^ a b ギャロウェイ, スティーヴン (2017年12月5日). “'The Post': How Spielberg Beat a Tight Deadline to Make a Timely Newspaper Drama”. ハリウッド・リポーター. https://www.hollywoodreporter.com/news/post-how-spielberg-beat-a-tight-deadline-make-a-timely-newspaper-drama-1064283 2018年9月9日閲覧。 
  5. ^ a b c The Post (2017)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2018年9月9日閲覧。
  6. ^ 『キネマ旬報』2019年3月下旬特別号 p.40
  7. ^ “日本公開決定!スピルバーグ×メリル・ストリープ×トム・ハンクスの強力タッグ作”. シネマトゥデイ. (2017年11月14日). https://www.cinematoday.jp/news/N0096111 2017年11月27日閲覧。 
  8. ^ National Board of Review Announces 2017 Award Winners”. ナショナル・ボード・オブ・レビュー (2017年11月28日). 2018年9月9日閲覧。
  9. ^ AFI Awards 2017”. アメリカン・フィルム・インスティチュート. 2018年9月9日閲覧。
  10. ^ ザカレク, ステファニー (2017年12月7日). “The Top 10 Movies of 2017”. タイム. http://time.com/5045566/top-10-movies-2017/ 2018年9月9日閲覧。 
  11. ^ ルービン, レベッカ (2017年12月11日). “Golden Globe Nominations: Complete List”. バラエティ. 2018年9月9日閲覧。
  12. ^ Amy Pascal Buys Pentagon Papers Movie Spec Script ‘The Post’ By Liz Hannah”. 2017年11月28日閲覧。
  13. ^ Steven Spielberg, Tom Hanks & Meryl Streep Team For Pentagon Papers Drama ‘The Post’”. 2017年11月28日閲覧。
  14. ^ Steven Spielberg on timely new film 'The Post': 'History is certainly repeating itself'”. 2017年11月28日閲覧。
  15. ^ Khatchatourian, Maane (2017年12月8日). “Watch First Trailer for Steven Spielberg's 'The Post,' Starring Meryl Streep, Tom Hanks”. バラエティ. https://variety.com/2017/film/news/the-post-trailer-steven-spielberg-meryl-streep-tom-hanks-1202609871/ 2018年9月9日閲覧。 
  16. ^ “First 'The Post' Trailer: Tom Hanks, Meryl Streep Tackle Pentagon Papers”. ハリウッド・リポーター. https://www.hollywoodreporter.com/news/the-post-trailer-pentagon-papers-movie-tom-hanks-meryl-streep-spielberg-1056063 2018年9月9日閲覧。 
  17. ^ Steven Spielberg, Tom Hanks and Meryl Streep Unveil 'The Post' at First Screening”. 2017年11月28日閲覧。
  18. ^ Oscars: Steven Spielberg’s ‘The Post’ Arrives With the Zeitgeist in Its Sights”. 2017年11月28日閲覧。
  19. ^ Production Underway on Spielberg's THE PAPERS, Starring Meryl Streep & Tom Hanks”. 2017年11月28日閲覧。
  20. ^ Steven Spielberg Pentagon Papers Film Adds Sarah Paulson, Bob Odenkirk, Matthew Rhys, Bradley Whitford”. 2017年11月28日閲覧。
  21. ^ Steven Spielberg’s Pentagon Papers Movie Re-Titled ‘The Post’”. 2017年11月28日閲覧。
  22. ^ Steven Spielberg Has Finally Finished ‘The Post’”. 2017年11月28日閲覧。
  23. ^ a b 言論の自由は崖っぷちに スピルバーグ、米国のいま語る”. 2018年3月8日閲覧。
  24. ^ John Williams and Alan Silvestri to Score Steven Spielberg’s Next Films (EXCLUSIVE)”. 2017年11月28日閲覧。
  25. ^ 13:05 - 2017年10月31日 by@scoringsessions”. 2017年11月28日閲覧。
  26. ^ First Look at Tom Hanks, Meryl Streep and More in Steven Spielberg’s ‘The Post’”. 2017年11月28日閲覧。
  27. ^ First Trailer for Steven Spielberg’s ‘The Post’ Premieres”. 2017年11月28日閲覧。
  28. ^ The Post Trailer: Tom Hanks & Meryl Streep Battle Political Corruption”. 2017年11月28日閲覧。
  29. ^ The Post (2017)”. 2017年11月28日閲覧。
  30. ^ The Post “Uncover the Truth" TV Commercial 20th Century FOX”. 2017年11月28日閲覧。
  31. ^ ‘Uncover the Truth’ with new TV spot for Steven Spielberg’s The Post”. 2017年11月28日閲覧。
  32. ^ Steven Spielberg's 'The Post' Gets Banned in Lebanon”. 2018年1月18日閲覧。
  33. ^ 'The Post' Will Now Screen in Lebanon After Government Intervenes”. 2018年1月18日閲覧。
  34. ^ Brooks, Brian (2017年12月31日). “'Phantom Thread' Haute in 1st Full Weekend; 'Darkest Hour' & 'The Shape of Water' Strong with Added Runs — Specialty Box Office”. Deadline.com. 2018年9月9日閲覧。
  35. ^ Hell hath no fury like The New York Times scorned by Hollywood”. 2017年11月28日閲覧。
  36. ^ 2017 Award Winners”. 2017年11月29日閲覧。
  37. ^ Oscars: 'Shape of Water' Leads With 13 Noms”. The Hollywood Reporter. 2018年3月30日閲覧。
  38. ^ Giardina, Carolyn (2018年1月3日). “'Dunkirk,' 'Shape of Water,' 'Baby Driver' Among ACE Eddie Awards Nominees”. ハリウッド・リポーター. 2018年9月9日閲覧。
  39. ^ Here Are the AFI AWARDS 2017 Official Selections”. DC Films (2017年12月7日). 2018年9月9日閲覧。
  40. ^ Giardina, Carolyn (2018年1月4日). “Art Directors Guild Awards: 'Dunkirk,' 'Shape of Water,' 'Blade Runner 2049' Among Nominees”. ハリウッド・リポーター. 2018年9月9日閲覧。
  41. ^ Critics' Choice Awards: 'The Shape of Water' Leads With 14 Nominations”. ハリウッド・リポーター (2017年12月6日). 2018年9月9日閲覧。
  42. ^ France, Lisa Respers (2017年12月11日). “Golden Globe nominations 2018: The list”. CNN Entertainment. http://www.cnn.com/2017/12/11/entertainment/golden-globe-nominations-2018/index.html 2018年9月9日閲覧。 
  43. ^ McNary, Dave (2018年3月15日). “'Black Panther,' 'Walking Dead' Rule Saturn Awards Nominations”. バラエティ. 2018年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月9日閲覧。