ペール・ダニエル・アマデウス・アッテルブム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ペール・ダニエル・アマデウス・アッテルブム

ペール・ダニエル・アマデウス・アッテルブムPer Daniel Amadeus Atterbomアッテルボムとも、1790年1月19日 - 1855年7月21日)は、スウェーデンエステルイェートランド地方出身の作家ロマン主義詩人。主に抒情詩を書き、スウェーデンに於ける最初の近代詩人として名高い[1]。また、アッテルブムはスウェーデン・アカデミーメンバーであり、ウプサラ大学にて哲学美術教授でもあった。

1810年から1813年にかけて機関誌『フォスフォロス』に自身の論文を発表し、文学革新運動に携わった[2]

1817年から1819年にかけてドイツイタリア旅行していた時に思想家フリードリヒ・シェリングに出会い、シェリングよりロマン派の影響を受けた。

作品[編集]

参考文献・脚注[編集]

  1. ^ 高津春繁・手塚富雄、西脇順三郎、久松潜一 『万有百科大事典 1 文学』 相賀徹夫、小学館〈日本大百科全書〉(原著1973年8月10日)、初版(日本語)、12ページ。
  2. ^ アッテルボムYahoo!百科事典日本大百科全書、2012年10月13日閲覧。