ホウキギク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホウキギク
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : キク類 Asterids
階級なし : 真正キク類II Euasterids II
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
亜科 : キク亜科 Asteroideae
: シオン連 Astereae
: シオン属 Aster
: sect. Oxytripolium
: ホウキギク(広義) A. subulatus
変種 : ホウキギク A. s. var. subulatus
学名
Aster subulatus
Michx.
var. subulatus[1]
シノニム

Symphyotrichum subulatum (Michx.) G.L.Nesom
Aster subulatus Michx. var. obtusifolius Fernald
Aster subulatus Michx. var. sandwicensis auct. non (A.Gray) A.G.Jones

和名
ホウキギク(箒菊)
英名
saltmarsh aster
変種雑種[1]
  • ヒロハホウキギク A. s. var. sandwicensis
  • オオホウキギク A. s. var. elongatus
  • ムラサキホウキギク A. s. var. sandwicensis x var. subulatus
  • オソザキホウキギク A. s. var. elongatus x var. sandwicensis

ホウキギク(箒菊、学名: Aster subulatus var. subulatus)は、キク科シオン属1年草空き地道端などに生える雑草

和名は、細かく分かれた上部の枝をに見立てたことから[2]

特徴[編集]

花の枝の角度は30 - 60°。

の基部が少し茎を抱く。

舌状花は白色。冠毛筒状花より長く、花後はさらに伸びる。

変種・雑種[編集]

  • ヒロハホウキギク Aster subulatus var. sandwicensis - 舌状花はピンク。
  • オオホウキギク Aster subulatus var. elongatus
  • ムラサキホウキギク Aster subulatus var. sandwicensis x var. subulatus - ホウキギクとヒロハホウキギクの雑種。舌状花は淡紫色。
  • オソザキホウキギク Aster subulatus var. elongatus x var. sandwicensis - ヒロハホウキギクとオオホウキギクの雑種。

分布・生育地[編集]

北アメリカ原産で、日本では大正時代に確認された帰化植物

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)”. 2012年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月25日閲覧。
  2. ^ 『野に咲く花』、45頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]