ホエン・ウィル・アイ・ビー・ラヴド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ホエン・ウィル・アイ・ビー・ラヴド
エヴァリー・ブラザーズシングル
B面 ビー・バップ・ア・ルーラ
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 ナッシュヴィルRCAスタジオB(1960年2月18日)
ジャンル ロックンロールカントリー
時間
レーベル ケイデンス・レコード
作詞・作曲 フィル・エヴァリー
プロデュース ウェズリー・ローズ
チャート最高順位
エヴァリー・ブラザーズ シングル 年表
キャシーズ・クラウン
(1960年)
ホエン・ウィル・アイ・ビー・ラヴド
(1960年)
So Sad
(1960年)
テンプレートを表示
いつになったら愛されるのかしら
リンダ・ロンシュタットシングル
初出アルバム『悪いあなた
B面 もうおしまい
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 1974年6月 - 9月
ジャンル ロックカントリーロック
時間
レーベル キャピトル・レコード
作詞・作曲 フィル・エヴァリー
プロデュース ピーター・アッシャー
チャート最高順位
リンダ・ロンシュタット シングル 年表
悪いあなた
(1974年)
いつになったら愛されるのかしら
(1975年)
ヒート・ウェイヴ
(1975年)
ミュージックビデオ
「When Will I Be Loved」 - YouTube
テンプレートを表示

ホエン・ウィル・アイ・ビー・ラヴド」(When Will I Be Loved)は、エヴァリー・ブラザーズ1960年に発表した楽曲。リンダ・ロンシュタットのカバー・バージョン(全米2位、邦題は「いつになったら愛されるのかしら」)でも知られる。

エヴァリー・ブラザーズのバージョン[編集]

1960年、エヴァリー・ブラザーズはケイデンス・レコードからワーナー・ブラザース・レコードに移籍。同年4月にワーナーから発表したシングル「キャシーズ・クラウン」はビルボード・Hot 100で1位を記録した。「ホエン・ウィル・アイ・ビー・ラヴド」はそれに続くシングルとして出されたが、発売元はケイデンスからだった。作詞作曲は弟のフィル・エヴァリー。録音はナッシュヴィルRCAスタジオBで行われた。

7月23日付のビルボード・Hot 100で8位を記録した[2]全英シングルチャートでは4位を記録した。

リンダ・ロンシュタットのバージョン[編集]

1974年11月発売のアルバム『悪いあなた(Heart Like a Wheel)』に収録された。翌1975年3月25日にシングルカットされた。B面はバディ・ホリーの「It Doesn't Matter Anymore」。ロンシュタット版はそれぞれ「いつになったら愛されるのかしら」「もうおしまい」という邦題が付けられた。

同年6月21日から6月28日にかけて2週連続でビルボード・Hot 100で2位を記録した[3][4]。ビルボードのカントリーチャートでは1位、イージーリスニング・チャートでは3位、キャッシュボックスでは1位を記録するなど大ヒットとなった。

その他のバージョン[編集]

脚注[編集]