ホクトボーイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ホクトボーイ
欧字表記 Hokuto Boy
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1973年4月22日
死没 1987年10月5日(15歳没・旧表記)
テスコボーイ
フィリバスター
母の父 Busted
生国 日本の旗 日本北海道浦河町
生産 日進牧場
馬主 森滋
調教師 久保道雄(栗東
競走成績
生涯成績 41戦13勝
獲得賞金 2億8840万200円
テンプレートを表示

ホクトボーイ日本競走馬テンポイントトウショウボーイグリーングラスTTGと同年生まれで、5歳時にはトウショウボーイ・グリーングラスらを破り天皇賞(秋)を制した。トウショウボーイと同じ短中距離に強いテスコボーイ産駒であるが、トウショウボーイよりも長距離適性が優れており、3000メートル級の天皇賞・阪神大賞典に優勝している。

  • なお、当項目では馬齢については原則旧表記(数え)とする。

戦績[編集]

3~4歳[編集]

ホクトボーイは1975年10月5日京都でデビュー。デビュー戦は3着だったが、次走で初勝利を挙げた。だが、その後は勝利に見放され、2勝目は翌年5月のことで既に皐月賞は終わっていた。3勝目はダービー直前に挙げたものの、結局春のクラシック競走には出走できなかった。

秋に900万下条件戦のムーンライトハンデキャップでレコード勝ちを収めて何とかオープン入りし、牡馬クラシックの最終戦・菊花賞には間に合ったものの、全くいいところなく17着と大敗した。それでも次走のセントウルステークス(当時は1300万下の条件戦)と暮れの阪神大賞典を連勝し、4歳のシーズン終了直前に重賞勝ち馬となった。

5歳[編集]

5歳になったホクトボーイは日本経済新春杯2着、サンケイ大阪杯2着、マイラーズカップ9着と勝てないレースが続いた。天皇賞(春)ではマイラーズカップの惨敗によって10番人気と人気がなかったが、テンポイント、クラウンピラードに次ぐ3着になり、グリーングラスに先着した。続く宝塚記念はTTG、前年の天皇賞(秋)優勝馬アイフルに次ぐ5着に終わった。

秋になると、ホクトボーイは初戦の朝日チャレンジカップに快勝し、重賞2勝目を挙げた。京都大賞典はテンポイントの6着に終わったものの、続く京都記念(秋)ではシルバーランドに競り勝って1番人気に応えた。前哨戦を快勝したホクトボーイは11月27日の天皇賞(秋)に出走した。これがホクトボーイにとって初めての関東遠征であった。

天皇賞(秋)では、1番人気のトウショウボーイと2番人気のグリーングラスが2周目の向正面から競り合う展開となり、これを目標に各馬が動く中、久保敏文騎乗のホクトボーイは後方に控えた。直線に入ると、ホクトボーイは競り合いで消耗して伸びを欠いたトウショウボーイとグリーングラスを豪快に抜き去り、春に続き2着となったクラウンピラードに2馬身1/2の差を付けて優勝、GI級レースに初めて勝利した。なお、このレースでトウショウボーイは7着、グリーングラスは5着に終わっている。

この年ホクトボーイは、古馬のフリーハンデでテンポイント・トウショウボーイには及ばなかったが、グリーングラスと共に62キロで3位の評価を得た。これは年度によっては首位になるような値だった[1][注 1]

6歳[編集]

6歳になったホクトボーイは、『天皇賞の優勝馬は、再度天皇賞に出走する事はできない』という当時のルールにより天皇賞には出走できず、宝塚記念有馬記念の両グランプリ制覇が目標となった。

しかし、京都記念(春)3着、サンケイ大阪杯6着、鳴尾記念2着、オープン1着を経て出走した宝塚記念ではエリモジョージの大逃げに屈し3着に終わった。オープン競走を2連勝して挑んだ有馬記念武邦彦騎乗でプレストウコウに次ぐ2番人気に支持されたが、カネミノブの14着と惨敗した。

この年のフリーハンデは58キロで10位タイに終わっている[2]

7歳[編集]

7歳を迎えたホクトボーイは、日本経済新春杯3着、京都記念(春)8着、サンケイ大阪杯4着、マイラーズカップ6着と勝てないレースが続いていたが、スワンステークスで1年半ぶりに重賞を制した。久々の重賞制覇の余勢を買って、ホクトボーイは宝塚記念では3番人気に支持されたが、サクラショウリの8着に終わった。

秋を迎え、オープン4着を経て有馬記念に出走したが、グリーングラスの5着に終わり、このレースを最後に引退した。この年の評価もフリーハンデ58キロ(9位タイ)であった[3]

展開への注文や負担重量に弱いなど、天皇賞後の成績がいまひとつ物足りないが、カシュウチカラやクラウンピラードらをたびたび破っており、1973年世代ではTTGに次ぐ存在と言われている。

引退後[編集]

引退後、種牡馬となったホクトボーイは、血統面の優秀さも手伝って種付け件数は当時の国産馬としては良好だった。産駒の戦績はトウショウボーイに劣るものの、中央で重賞を制した馬も輩出する等、こちらも同時代の国産種牡馬に比べたら良好の部類であった。

こうして、種牡馬としてまだまだ種牡馬現役と思われたが、15歳の夏に突然の体調不良に陥ると、回復する事無く12年前に競走馬デビューした日と同じ10月5日に死亡した。

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名

人気 着順 距離 タイム 騎手 着差 勝ち馬 / (2着馬)
1975 10. 5 京都 3歳新馬 13 10 1人 3着 芝1200m(不) 1.15.6 久保敏文 -1.2秒 タカミオー
11. 2 京都 未出未勝 14 8 1人 1着 ダ1400m(稍) 1.29.1 久保敏文 5馬身 (バンブーパレード)
11. 22 京都 白菊賞 14 3 1人 13着 芝1400m(稍) 1.29.6 久保敏文 -2.6秒 ヤマニンイブヒロ
1976 3. 28 阪神 300万下 8 1 2人 2着 ダ1800m(良) 1.54.9 久保敏文 -0.4秒 ユウホープ
5. 3 京都 アイリス賞 8 7 1人 1着 芝1600m(良) 1.38.5 久保敏文 3 1/2馬身 (ガーデンシチー)
5. 23 京都 白藤賞 6 2 1人 1着 芝1900m(不) 1.59.4 久保敏文 7馬身 (キングラナーク)
6. 12 京都 4歳S 8 3 1人 5着 芝2000m(重) 2.06.6 久保敏文 -2.1秒 バンブーホマレ
6. 27 中京 オープン 11 11 2人 6着 芝1800m(良) 1.51.4 久保敏文 -1.2秒 ミヤジマレンゴ
9. 11 阪神 サファイヤS[4] 11 7 3人 2着 芝2000m(重) 2.02.5 久保敏文 -0.5秒 フジノタイカイ
10. 2 阪神 ムーンライトH 13 2 1人 1着 芝2000m(良) R1.59.9 久保敏文 3 1/2馬身 (ビートンオール)
10. 30 阪神 オープン 10 1 1人 3着 芝1600m(稍) 1.36.5 久保敏文 -0.1秒 ロイヤルスプリンタ
11. 14 京都 菊花賞 21 3 8人 17着 芝3000m(重) 3.12.6 久保敏文 -2.7秒 グリーングラス
12. 5 阪神 セントウルS[5] 7 3 1人 1着 芝1600m(良) 1.36.1 久保敏文 アタマ (エビスフォーラン)
12. 26 阪神 阪神大賞典 11 11 3人 1着 芝3000m(重) 3.14.2 久保敏文 1/2馬身 ロングホーク
1977 1. 23 京都 日本経済新春杯 12 9 1人 2着 芝2400m(良) 2.27.8 久保敏文 -0.1秒 ホースメンホープ
3. 13 阪神 サンケイ大阪杯 9 5 1人 2着 芝2000m(良) 2.01.8 久保敏文 -0.4秒 ゴールドイーグル
4. 9 阪神 マイラーズC 12 7 2人 9着 芝1600m(不) 1.38.4 久保敏文 -2.0秒 ゴールドイーグル
4. 29 京都 天皇賞(春) 14 13 10人 3着 芝3200m(稍) 3.22.0 久保敏文 -0.3秒 テンポイント
6. 5 阪神 宝塚記念 6 1 6人 5着 芝2200m(良) 2.15.1 久保敏文 -2.1秒 トウショウボーイ
9. 25 阪神 朝日チャレンジC 10 4 1人 1着 芝2000m(良) 2.00.9 久保敏文 1 1/2馬身 (フローカンボーイ)
10. 16 京都 京都大賞典 9 4 2人 6着 芝2400m(良) 2.29.7 久保敏文 -1.8秒 テンポイント
11. 6 京都 京都記念(秋) 8 1 1人 1着 芝2400m(重) 2.28.1 久保敏文 1 3/4馬身 シルバーランド
11. 27 東京 天皇賞(秋) 12 9 5人 1着 芝3200m(稍) 3.22.5 久保敏文 2 1/2馬身 クラウンピラード
1978 2. 19 京都 京都記念(春) 7 7 1人 3着 芝2400m(良) 2.29.5 久保敏文 -0.7秒 エリモジョージ
3. 12 阪神 サンケイ大阪杯 8 5 1人 6着 芝2000m(良) 2.03.8 久保敏文 -0.3秒 キングラナーク
3. 26 阪神 鳴尾記念 9 7 1人 2着 芝2400m(良) 2.29.2 久保敏文 -1.7秒 エリモジョージ
5. 20 阪神 オープン 9 1 1人 1着 芝2000m(稍) 2.01.7 猿橋重利 1 3/4馬身 ハシコトブキ
6. 4 阪神 宝塚記念 7 6 3人 3着 芝2200m(重) 2.15.1 久保敏文 -0.9秒 エリモジョージ
6. 25 中京 高松宮杯 8 3 3人 6着 芝2000m(不) 2.04.7 久保敏文 -1.5秒 ヤマニンゴロー
10. 15 京都 京都大賞典 9 7 3人 7着 芝2400m(良) 2.28.0 田島良保 -0.7秒 リュウキコウ
10. 28 京都 オープン 8 6 1人 1着 芝2000m(重) 2.01.1 久保敏文 1 3/4馬身 テンメイ
11. 11 東京 オープン 5 1 1人 1着 芝1800m(良) 1.48.6 久保敏文 1/2馬身 カシュウチカラ
12. 17 中山 有馬記念 15 7 2人 14着 芝2500m(良) 2.34.9 武邦彦 -1.5秒 カネミノブ
1979 1. 21 京都 日経新春杯 14 8 4人 3着 芝2400m(良) 2.28.6 久保敏文 -0.1秒 スズカシンプウ
2. 18 京都 京都記念(春) 14 13 4人 8着 芝2400m(良) 2.28.1 久保敏文 -1.2秒 コウイチサブロウ
3. 11 阪神 サンケイ大阪杯 9 2 1人 4着 芝2000m(重) 2.04.2 武邦彦 -0.1秒 メトロジャンボ
4. 7 阪神 マイラーズC 13 3 4人 6着 芝1600m(稍) 1.36.6 久保敏文 -0.6秒 バンブトンコート
5. 6 京都 スワンS 10 1 5人 1着 芝1600m(良) 1.36.2 田島良保 2 1/2馬身 (アグネスプレス)
6. 3 阪神 宝塚記念 13 2 3人 8着 芝2200m(良) 2.13.3 田島良保 -0.9秒 サクラショウリ
11. 10 東京 オープン 5 4 4人 4着 芝1800m(稍) 1.49.9 久保敏文 -1.9秒 メジロイーグル
12. 16 中山 有馬記念 16 4 15人 5着 芝2500m(良) 2.36.4 久保敏文 -1.0秒 グリーングラス
  • タイム欄のRはレコード勝ちを示す。
  • 太字の競走は八大競走

主な勝鞍[編集]

天皇賞(秋)、阪神大賞典、京都記念(秋)、朝日チャレンジカップ、スワンステークス

主な産駒[編集]

  • ダイテンスパルタ(阪神障害ステークス(春))
  • ワイドガール(阪神障害ステークス(秋))
  • トミヒサダンサー(浦和記念2回、川崎記念
  • サラノオー(北関東ダービー、北関東さつき賞、しもつけ菊花賞)

血統表[編集]

ホクトボーイ血統テスコボーイ系 / Nearco4×5=9.38%、Pharos(Fiarway)5×5=6.25%(父内)) (血統表の出典)

*テスコボーイ
Tesco Boy
1963 黒鹿毛
Princely Gift
1951 鹿毛
Nasrullah Nearco
Mumtaz Begum
Blue Gem Blue Peter
Sparkle
Suncourt
1952 黒鹿毛
Hyperion Gainsborough
Selene
Inquisition Dastur
Jury

*フィリバスター
Filibuster
1969 栗毛
Busted
1963 鹿毛
Crepello Donatello
Crepuscule
Sans Le Sou *ヴィミー
Martial Loan
Tugboat Annie
1963 栗毛
Ballymoss Mossborough
Indian Call
Annie Oakley Big Game
Annetta F-No.1-k
父系
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

本馬はTTGの同期生だが、本馬の死後(1990年)に産まれた一番下の弟チアズエンデバー(すみれステークス)は新・平成三強の同期生である。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『フリーハンデ史』(優駿1962年~1994年),日本中央競馬会審判部,1995

注釈[編集]

  1. ^ 過去5年間で古馬フリーハンデ1位が62キロの年は3回あり、1975年フジノパーシア、1973年タイテエム、1972年ヤマニンウエーブが古馬部門の首位になっていた。

出典[編集]

  1. ^ 『フリーハンデ史』p87-92
  2. ^ 『フリーハンデ史』p93-98
  3. ^ 『フリーハンデ史』p99-104
  4. ^ かつて開催されていた重賞としてのサファイヤステークスではなく900万下の条件戦。
  5. ^ 現在開催されている重賞としてのセントウルステークスではなく1300万下の条件戦。