ホセ・アントニオ・ウエルガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はウエルガ第二姓(母方の)はオルダスです。

ホセ・アントニオ・ウエルガ・オルダス(José Antonio Huelga Ordaz、1948年3月14日[1] - 1974年7月4日)は、「カルタヘナの英雄 (Héroe de Cartagena)」という愛称で知られるキューバ野球選手。サンクティ・スピリトゥス州トゥイニク (Tuinicú) のメラニオ・エルナンデス (Melanio Hernández) 製糖工場で生まれた[2]

1964年、三塁手だった若きウエルガは、地域の学校の対抗戦でカマフアニ (Camajuaní) のチームを相手に、即席で投手を務めることとなり、これを契機に投手として輝かしい経歴を築き上げる一歩を踏み出した。

1974年7月4日、ウエルガは、マリエル (Mariel) の路上で交通事故に遭い、26歳で死去した[2]。その栄誉を称えて、サンクティ・スピリトゥス州の野球チームのホーム・スタジアムには、ウエルガの名が冠されている。(エスタディオ・ホセ・アントニオ・ウエルガ)

おもな成績[編集]

  • セリエ・ナシオナル・デ・ベイスボルに在籍した7シーズンの間に、通算73勝32敗、871回1/3の投球回数に対し、被本塁打9という成績を残した[3]
  • 通算防御率1.50は[3]、革命後のキューバ野球において最も優れた記録である。

脚注[編集]

  1. ^ baseball-reference.com の記事では1月14日生まれとなっている。
  2. ^ a b c d Menéndez, Elio. “Atletas Destacados:El héroe de Cartagena”. Instituto Nacional de Deportes, Educación Física y Recreación. 2014年10月28日閲覧。
  3. ^ a b Series Nacionales: Jose Antonio Huelga Ordaz”. cuban-play. 2014年10月28日閲覧。

関連項目[編集]