ホセ・アントニオ・レジェス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はレジェス第二姓(母方の)はカルデロンです。
ホセ・アントニオ・レジェス Football pictogram.svg
Sevillia-Zenit (2).jpg
セビージャ時代のレジェス
名前
本名 ホセ・アントニオ・レジェス・カルデロン
José Antonio Reyes Calderón
愛称 セビージャの神童
ラテン文字 Jose Antonio REYES
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1983-09-01) 1983年9月1日
出身地 ウトレラ
没年月日 (2019-06-01) 2019年6月1日(35歳没)
身長 176cm
体重 79kg
選手情報
ポジション FW (WG) / MF (SH)
背番号 19
利き足 左足
ユース
1994-1999 スペインの旗 セビージャ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999-2001 スペインの旗 セビージャB 32 (1)
2000-2004 スペインの旗 セビージャ 86 (21)
2004-2007 イングランドの旗 アーセナル 69 (16)
2006-2007 スペインの旗 レアル・マドリード (loan) 30 (6)
2007-2011 スペインの旗 アトレティコ・マドリード 103 (8)
2008-2009 ポルトガルの旗 ベンフィカ (loan) 26 (4)
2012-2016 スペインの旗 セビージャ 109 (9)
2016-2017 スペインの旗 エスパニョール 21 (3)
2018 スペインの旗 コルドバ 17 (1)
2018 中華人民共和国の旗 新疆天山雪豹足球倶楽部 14 (4)
2019 スペインの旗 エストレマドゥーラUD 9 (0)
通算 516 (73)
代表歴
1999-2000  スペイン U-16 7 (5)
2001-2002  スペイン U-19 7 (3)
2002-2003  スペイン U-21 7 (3)
2003-2006 スペインの旗 スペイン 21 (4)
2013 アンダルシア州の旗 アンダルシア 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年5月22日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ホセ・アントニオ・レジェス・カルデロン(José Antonio Reyes Calderón, 1983年9月1日 - 2019年6月1日)は、スペイン王国セビリア県ウトレラ出身のサッカー選手。ポジションはフォワードミッドフィールダー

クラブ経歴[編集]

セビージャ[編集]

ヒターノ(ロマのスペインにおける外名)の両親の下[1][2][3]セビリアの郊外にあるウトレラに生まれ、10歳の時にセビージャFCの下部組織に入団した。1999-00シーズン、セグンダ・ディビシオン(2部)のセビージャ・アトレティコ(セビージャFCのBチーム)でプレーしながら、レアル・サラゴサ戦で16歳にしてトップチームデビューを果たした。2001年夏にトップチームがプリメーラ・ディビシオン(1部)に昇格すると、2001-02シーズンは開幕からスタメンを任され、レアル・バリャドリード戦でドリブルの独走から美しいゴールを決めた。トップチームに在籍した4シーズンで86試合に出場して22得点を記録し、他クラブからの興味を引く存在となった。

アーセナル[編集]

セビージャのホアキン・カパロス監督はレジェスの残留を希望したが、2004年冬の移籍期間に1050万ポンドの移籍金(最高で1750万ポンドまで上昇するオプションが付けられた)でアーセナルに移籍した[4]2004年2月1日マンチェスター・シティ戦でデビューし、カーリング・カップミドルスブラ戦ではオウンゴールを記録した。初めて相手ゴールに決めたのはFAカップチェルシー戦で[5]UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝でも再びチェルシー相手にゴールを決めた。

2004-05シーズンは開幕から6試合連続で得点し[5]、前シーズンから続く無敗記録の継続に貢献したが、中盤戦以降は不振に喘いだ。両親と兄弟も揃ってイングランドに引っ越してきたにも関わらず、2005年初めにはホームシックにかかっていると報道され、ロンドンのどんよりとした気候や異文化に適応することが困難であると発言した[6]2005年のFAカップ決勝・マンチェスター・ユナイテッド戦ではイエローカードを2枚受け、同大会決勝戦の歴史上2人目の退場者となった。シーズン終了後には移籍も取り沙汰されたが、新たにクラブと6年契約を結び直した。

2005-06シーズンのアーセナルはチャンピオンズリーグを順調に勝ち進み、レアル・マドリードユヴェントスビジャレアルなどの強豪が彼の獲得に興味を示した。FCバルセロナとの決勝は試合途中から起用されたが、1-2で敗れて準優勝に終わった。

レアル・マドリード[編集]

2006年夏の移籍市場が閉じる直前、ジュリオ・バチスタとのトレードでレアル・マドリードにレンタル移籍し[7]、9月17日のレアル・ソシエダ戦でフリーキックによって移籍後初得点を決めた。シーズンを通して顕著な活躍を見せることはなかったが、マジョルカとのシーズン最終戦では0-1と劣勢の場面で途中出場し、2度ゴールネットを揺らして優勝に貢献した。

アトレティコ・マドリード[編集]

2007年7月8日にはベルント・シュスター新監督が就任し、レアル・マドリードへの完全移籍が決まるかと思われたが、7月30日には移籍金1200万ユーロ(約19億4000万円)でアトレティコ・マドリードと4年契約を結んだ[8] [9]。プレシーズンマッチのラツィオ戦でデビューし、1得点1アシストの活躍でアムステルダム・トーナメント優勝に導いた。しかし2007-08シーズンは不調に終わり、マキシ・ロドリゲスシモン・サブローザからポジションを奪えず、26試合に出場して無得点にとどまった。

ベンフィカ[編集]

2008年8月8日ベンフィカにレンタル移籍し、ベンフィカは彼の保有権の25%を265万ユーロで獲得した[10] [11]。プレシーズンのフェイエノールト戦でデビューし、9月28日のスポルティングCPとのリスボンダービーで初得点を決めた。その直後のUEFAカップ1回戦・ナポリ戦でも貴重な得点を決め、勝ち抜けに貢献した。

アトレティコ・マドリード復帰[編集]

2009年夏にアトレティコ・マドリードに復帰し、2010年1月9日のバリャドリード戦ではロングレンジからミドルシュートを決めた。1月18日のUEFAヨーロッパリーグガラタサライ戦1stレグでは22分にフリーキックを直接決め、2ndレグではディエゴ・フォルランの決勝点をアシストして勝ち上がりに貢献した[12]。3月28日のレアル・マドリードとのマドリードダービーではペナルティエリア右側から左足で巻くようなゴールを決めた。

2010年8月27日に行われたUEFAスーパーカップではUEFAチャンピオンズリーグ王者のインテル・ミラノ相手に先制点を決め[13]、2-0で優勝を果たすと共にマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた[14]

しかし、2011-12シーズン途中にグレゴリオ・マンサーノ監督との確執からベンチに座ることが多くなり、移籍を希望した。

セビージャ復帰[編集]

2012年1月5日セビージャFCに移籍金350万ユーロで移籍し、8年ぶりに古巣への復帰を果たした[15]1月8日に行われたラーヨ・バジェカーノ戦でセビージャの選手として再びデビューを果たした。

セビージャ復帰後は、バックアッパー及びチームの精神的支柱としてウナイ・エメリの下でUEFAヨーロッパリーグ3連覇に大きく貢献。しかし2015-16シーズンには虫垂炎の手術などの影響もあり契約自動延長の目安である出場時間を越えられず、退団となった[16]

エスパニョール[編集]

2016年6月28日RCDエスパニョールへ自由移籍で加入[17]。エスパニョールではベンフィカ、アトレティコ時代に続きキケ・フローレスとタッグを組むことになった。

リーガ2部へ[編集]

2018年1月30日リーガ2部コルドバCFへ自由移籍で加入した[18]

半年間の中国2部[編集]

2018年6月6日、中国2部の新疆天山雪豹へ加入した[19]

再びリーガ2部へ[編集]

2019年1月22日リーガ2部エストレマドゥーラUDへ加入した。シーズン終了までの短期契約。[20]

突然の訃報[編集]

2019年6月1日、故郷のウトレラで交通事故に遭い死去。享年35歳[21]

この訃報を受け、事故の直後に行われたUEFAチャンピオンズリーグ決勝トッテナムリヴァプール戦では、キックオフ前に黙祷が行われた[22]。 なお試合会場は、レジェスが在籍していたアトレティコ・マドリードの本拠地であるエスタディオ・メトロポリターノだった[23]

代表経歴[編集]

2002年7月にはUEFA U-19欧州選手権で優勝に貢献。2003年9月6日ポルトガルとの親善試合でラウル・ゴンサレスとの途中交代で出場し、スペイン代表デビューを飾る。イニャキ・サエス監督の下、UEFA EURO 2004予選のアルメニア戦で2得点する活躍を見せたが、本大会出場メンバーから外れ、大会後に「(同大会でスペインが早期敗退したため)自分のキャリアに傷が付かなくて良かった」と語って物議を醸した。

2006 FIFAワールドカップ欧州予選には7試合に出場し、本大会参加メンバーには自ら希望した背番号10で登録された[24]。本大会直前のエジプト戦で直接フリーキックを決めてアピールしたが[24]、消化試合となったグループリーグ3戦目のサウジアラビアとの1試合に出場したのみとなった。その後、同じポジションであるダビド・シルバサンティ・カソルラなど台頭もあり、UEFA EURO 2008の登録メンバーから外れ、同大会予選以後は代表に招集されることはなかった。

エピソード[編集]

  • 右腕にカタカナで「レジェス」と入れ墨(タトゥー)を入れる予定だったが、ミスにより「レジュス」となっている[要出典]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

セビージャ
アーセナル
レアル・マドリード
ベンフィカ
アトレティコ・マドリード

代表[編集]

U-19スペイン代表

脚注[編集]

  1. ^ Reyes is gunning for glory - The Guardian 2004年2月1日
  2. ^ Aragones calls Reyes 'a gypsy' - The Independent 2005年1月1日
  3. ^ Reyes, la pieza más codiciada de Nervión - El Mundo 2002年1月29日
  4. ^ Reyes passes Arsenal medical - BBC Sport 2004年1月28日
  5. ^ a b Jose Reyes - arsenal.com
  6. ^ レジェス、アーセナル退団は「退屈だったから」 - livedoorスポーツ 2006年11月3日
  7. ^ Arsenal swap Reyes for Baptista - BBC Sport 2006年8月31日
  8. ^ Atlético continue spree with Reyes - UEFA.com 2007年7月31日
  9. ^ 話は一転。レジェスはアトレティコへ - livedoorスポーツ 2007年7月29日
  10. ^ CL予選登録メンバーから外れたレジェス、ベンフィカへ - livedoorスポーツ 2008年8月9日
  11. ^ レジェスがベンフィカへレンタル移籍 - UEFA.com 2008年8月7日
  12. ^ アトレティコ、レジェスとの契約延長を検討 - Goal.com 2010年2月28日
  13. ^ アトレティコ・マドリードがUEFAスーパーカップ制覇 - AFP BB News 2010年8月29日
  14. ^ 大舞台で夢をかなえたレジェス - UEFA.com 2010年8月27日
  15. ^ レジェスがセビージャに復帰 - UEFA.com 2012年1月5日
  16. ^ レジェス、2度目のセビージャ在籍が終焉「僕のことを覚えていて」 - サッカーキング 2016年6月3日
  17. ^ セビージャ退団のレジェスがエスパニョールに加入! キケ新監督と3度目のタッグ - 超ワールドサッカー 2016年6月29日
  18. ^ フリーのレジェスがリーガ2部のコルドバに加入 - 超ワールドサッカー 2018年1月31日
  19. ^ 官方:雷耶斯加盟中甲新疆雪豹 — 新疆雪豹纳欢|科尔多瓦|雷耶斯|懂球帝”. www.dongqiudi.com. 2019年5月26日閲覧。
  20. ^ 元スペイン代表MFレジェス、スペイン2部へ移籍…昨年後半は中国2部でプレー - サッカーキング 2019年1月23日
  21. ^ 元スペイン代表FWレジェス氏が死去 故郷ウトレラで交通事故に遭う…スペイン紙報じる”. フットボールゾーン (2019年6月2日). 2019年6月2日閲覧。
  22. ^ レジェスをしのび、CL決勝で黙祷が行われる 同胞の選手達は涙 - livedoorスポーツ 2019年6月2日
  23. ^ レジェスをしのび、CL決勝で黙祷が行われる 同胞の選手達は涙”. SPORT.es.jp (2019年6月2日). 2019年6月2日閲覧。
  24. ^ a b スペイン代表のレジェス「レギュラー獲る」 - livedoorスポーツ 2006年6月6日