ホセ・スレイマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はスレイマン第二姓(母方の)はチャグノンです。
ホセ・スレイマン
José Sulaimán
生誕 (1931-05-30) 1931年5月30日
メキシコの旗 メキシコ
タマウリパス州シウダービクトリア
死没 (2014-01-16) 2014年1月16日(82歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州ロサンゼルス
肩書き 世界ボクシング評議会会長

ホセ・スレイマン・チャグノン(José Sulaimán Chagnón、1931年5月30日 - 2014年1月16日[1])はメキシコ実業家タマウリパス州シウダービクトリア出身。世界ボクシング評議会(WBC)の事務局長を経て、第4代世界ボクシング評議会(WBC)会長に就任。

来歴[編集]

1971年6月に就任した第3代WBC会長ラモン・ベラスケス氏の下で、WBC事務局長を務める。

1975年12月に選任されて、第4代WBC会長に就任した。 任期中、世界タイトル戦において、ラウンド数を15から12に削減、当日計量から前日計量への変更、6オンスグローブ使用の廃止、等の改革を実施。

2014年1月に逝去するまで、会長職を務めた。

出典[編集]

  1. ^ Hall of Famer Jose Sulaiman dies ESPN Boxing 2014-1-16