ホソバノギク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ホソバノギク
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : 真正キク類 II euasterid II
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
亜科 : キク亜科 Asteroideae
: シオン属 Aster
: ホソバノギク A. sohayakiensis
学名
Aster sohayakiensis Koidz.
和名
ホソバノギク

ホソバノギク(細葉野菊、学名Aster sohayakiensis)は、キク科多年草の一種。別名キシュウギク[1]

特徴[編集]

常緑の多年草。地下茎がはう[1]。茎は高さ30-60cmで、毛はない[1]。 葉は、まばらな鋸歯をもち光沢のある狭い披針形で、長さ9-13cm、幅は1.5cmほどである[2]。また、下部の葉は柄をもつが、上部の葉には柄がなく線形になる[2]頭花は直径1.8cmほどで、枝の先に少数つける[1]

分布[編集]

本州紀伊半島)に分布する[2]。特に、古座川町から熊野川流域にのみ見られる固有種である[3]。渓流の湿った岩上に生える。

分類[編集]

近縁種は数多く、花の様子はいずれも似ている。この種では細長くつやのある葉が独特で判別は易しい[4]

保全状況評価[編集]

絶滅危惧II類(VU)環境省レッドリスト

Status jenv VU.png

2007年までの環境省レッドリストでは絶滅危惧IA類に指定されていたが、2012年には絶滅危惧II類と評価された[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 原色日本植物図鑑 草本編I (1957)
  2. ^ a b c 山に咲く花(1996)
  3. ^ 和歌山県(2000)p.322
  4. ^ 和歌山県(2000)p.322
  5. ^ 植物I(維管束植物)のレッドリスト新旧対照表 環境省 2012年

参考文献[編集]

  • 北村四郎、村田源・堀勝 『原色日本植物図鑑 草本編』I、保育社1957年、改訂60刷、81頁。ISBN 9784-586-30015-0。
  • 畔上能力、菱山忠三郎・西田尚道 『山に咲く花』 山と渓谷社〈山渓ハンディ図鑑〉、1996年、26頁。ISBN 978-4-6350-7002-7。
  • 和歌山県環境生活部生活総務課編著、『保存上重要なわかやまの自然 -和歌山県レッドデータブック-』、(2000)、和歌山県環境生活部生活総務課発行。