ホテルパコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ホテルパコ(Hotel Paco)は、株式会社リオ&パコホテルズが主に北海道で展開しているビジネスホテルチェーン。本社は北海道札幌市

概要[編集]

札幌の藤井ビルのグループ会社として、1987年(昭和62年)に帯広市に1号店をオープン(現在のホテルパコ帯広3)[1]。ビジネスホテルながら多くのホテルで天然温泉の大浴場を備えるなど、リラクゼーション関連のサービスに力を入れているのが売りで、1990年代以降道内で急速にチェーンを広げた。

2015年3月17日ホテルパコの事業主体である株式会社カネトモ(資本金1500万円代表松井鴻光)は東京地方裁判所民事再生法の適用を申請。保全命令を受けた。またホテルパコ釧路を運営していた株式会社ケーユーも同日民事再生法の適用を申請。カネトモの負債は約72億5千万円、ケーユーの負債は約26億5千万円。高橋はるみ北海道知事・第3次安倍内閣施政下における大型倒産となった。破産原因は道外資本による北海道ホテル業界への新規参入増大、宿泊価格競争の激化などを背景に資金繰りが悪化したため。ビジネスホテルの子会社を持つ道外資本の株式会社リオ・ホールディングスが支援候補となる。[2][3]

2016年6月現在、株式会社リオ・ホールディングスのグループ会社である、株式会社リオ&パコホテルズが運営している。この変更により、「ホテルローヤルステイサッポロ」、「ホテルトムス」、「アールズフォレストイン」がグループに加わり、道外にも店舗を構える形となった。現在は道内に直営5店舗、フランチャイズ1店舗(他に提携ホテルが1店舗)を、道外に2店舗を展開している。7月には「ホテルJIN盛岡駅前」も開業。

一方、北海道PKホテルマネジメント株式会社(ケン不動産リースが展開するホテルチェーン)のマネジメント下で「プレミアパコ」として営業していた「旭川」、「帯広」、「ジュニアすすきの」は上記の影響で事業体制が見直され、「プレミアホテル-CABIN-」と改称してグループを離れることとなった。 提携は解消となるが、メンバーズカードやスタンプカードなどはプレミアパコ分も含めて双方のホテルで移行できるような体制がとられている。

店舗一覧[編集]

○は温泉大浴場があるホテル。

直営店[編集]

道内[編集]

ホテルパコ帯広2
  • 天然温泉 ホテルパコ函館(函館市
  • 天然温泉 ホテルパコ函館別亭(函館市)○
  • ホテルパコ帯広2(帯広市
  • ホテルパコ帯広3(帯広市)本店
  • 天然温泉 ホテルパコ釧路(釧路市)○
  • ホテルローヤルステイサッポロ(札幌市

道外[編集]

フランチャイズ店[編集]

  • ホテルパコジュニア北見(北見市)- 株式会社ホテルコモンズが運営。

かつての運営店[編集]

プレミアホテル-CABIN-帯広

☆はプレミアパコとして営業していたホテル。

  • ホテルパコ札幌(札幌市) - 2010年(平成22年)12月21日より「設備(暖房系統)改修・修繕のため」として休業。2014年(平成26年)2月1日よりホテルカイコーグループ(株式会社海晃)の「ホテルカイコ―札幌中島公園」としてリニューアルオープン。
  • ホテルパコ旭川(旭川市)☆○ -- 北海道PKホテルマネジメント株式会社が運営。2016年6月1日よりプレミアホテル-CABIN-旭川へ名称を変更。
  • ホテルパコ帯広(帯広市)☆○ -- 北海道PKホテルマネジメント株式会社が運営。2016年6月1日よりプレミアホテル-CABIN-帯広へ名称を変更。
  • ホテルパコジュニアすすきの(札幌市)☆○ -- 北海道PKホテルマネジメント株式会社が運営。2016年6月1日よりプレミアホテル-CABIN-札幌へ名称を変更。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ コンセプトを明確に具現化したホテルパコグループ (PDF) - Aカードホテルネットワーク
  2. ^ “ホテルパコ運営会社倒産”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2015年3月18日). http://www.asahi.com/articles/CMTW1503180100002.html 2016年10月4日閲覧。 
  3. ^ 大型倒産速報 帝国データバンク 2015年3月17日 「ホテルパコ」経営、不動産事業など2社 株式会社カネトモ民事再生法の適用を申請 負債72億5000万円 2015年3月18日閲覧