ホテルフォルクローロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
JR東日本ホテルズ > ホテルフォルクローロ

ホテルフォルクローロは、東日本旅客鉄道(JR東日本)によるホテルチェーン「JR東日本ホテルズ」の長期滞在型ホテルのブランドである。

概要[編集]

JR東日本は、労働時間の短縮や週休2日制の定着によって余暇時間が拡大する中、海外旅行が急激に増加する一方で、国内旅行の空洞化が顕在化している状況を踏まえ、開発事業本部地域開発部を中心に、国内旅行に新しい動きを起こすためのプロジェクトチームを発足させた[1]。そして地元自治体と共同して沿線活性化、鉄道利用促進、観光事業の拡大などで国内旅行を活性化させるため、鉄道を利用した旅の拠点をコンセプトとし、自然に囲まれた長期滞在型の「ファミリーオ」シリーズと駅隣接地で周遊型の「フォルクローロ」シリーズを展開していくことを決定。1995年春には地方自治体のジョイントパートナー募集を実施し、呼びかけに応じた約60の候補地と交渉を開始した[2]

ホテルフォルクローロは、1995年7月7日にJR釜石線遠野駅駅舎に開業したフォルクローロ遠野(2015年3月14日営業終了)を皮切りに、現在計5店舗を展開している。ホテル名の「フォルクローロ」は、エスペラント語で「民話」を意味する[3]

2015年3月、ホテルのブランド名を「フォルクローロ」から「ホテルフォルクローロ」に改称した[4]

特徴[編集]

ホテルフォルクローロの特徴として、駅へ併設、隣接されたB&B(bed & breakfast)スタイルのホテルということが基本となっている。部屋数や建物の外観などは、地域の特徴などに合わせ各施設により様々である。また、施設により部屋タイプ・宿泊料金が異なる。

営業中のホテル[編集]

営業が終了したホテル[編集]

売却されたホテル[編集]

  • フォルクローロ松島
    1998年3月30日開業。後に、仙台急行が運営するリゾートイン松島。さらに屋号を「旅亭 雲静庵(うんせいあん)」と変更して、現在は東松島市の嵯峨ビーチ観光によって運営される。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『東日本旅客鉄道株式会社二十年史 1987.4-2007.3』p.461 - 462
  2. ^ 『東日本旅客鉄道株式会社二十年史 1987.4-2007.3』p.462
  3. ^ フォルクローロ遠野 JR東日本ホテルズ
  4. ^ ホテル名称変更について(JR東日本ホテルズ公式サイトより)
  5. ^ 「高畠町にファミリー層ねらい長期滞在型のホテル JR東日本」『朝日新聞山形版』1997年4月26日
  6. ^ 「高速交通網の整備と観光産業へのインパクト 秋田新幹線こまち開業後の沿線観光地の動向」『レジャー産業資料』1997年11月号
  7. ^ 2015年3月29日 ホテルフォルクローロ三陸釜石オープン東日本旅客鉄道盛岡支社 2014年12月19日)
  8. ^ 「JR東のホテルが釜石駅隣に開業 市内部屋数、震災前越す」『朝日新聞岩手版』2015年3月30日
  9. ^ 遠野駅舎、小規模に建て替えへ 2階ホテルも終了(岩手日報 2015年1月24日)

参考文献[編集]

  • 東日本旅客鉄道株式会社編『東日本旅客鉄道株式会社二十年史 1987.4-2007.3』 東日本旅客鉄道、2007年。