ホプキンソン効果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ホプキンソン効果:Hopkinson effect)は、鋼板岩石などに爆薬を密着させた状態で爆破した際に、その裏面に剥離を生ずる現象である。

概要[編集]

爆発によって対象物の内部に衝撃波が投射されると圧縮波となって内部へ伝わる。これが自由面で反射すると逆方向の引張波となる。岩石コンクリートは圧縮強度よりも引張強度が弱い(ただし、金属は圧縮強度と引張強度の差は無い)ため、爆発による圧縮応力で破壊されなくても引張応力によって表面に剥離を生ずる。金属板の場合にはこれによって裏面が金属片となって飛び散ることになる。このような現象を「スポール破壊」と呼ぶ。この効果を応用した砲弾HEPまたはHESH(粘着榴弾)である。

関連項目[編集]