ホメリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ホメリ
: Gomel
Гомель


紋章
愛称:Homiel, Homel, Homyel’
ホメリの位置(ベラルーシ内)
ホメリ
ホメリ
ホメリの位置(ヨーロッパ内)
ホメリ
ホメリ
座標: 北緯52度26分43秒 東経30度59分03秒 / 北緯52.44528度 東経30.98417度 / 52.44528; 30.98417
 ベラルーシ
ホメリ州
設立 1142年
行政
 - 首長 Petr Kirichenko
面積
 - 計 139.77km2 (54mi2)
標高 138m (453ft)
人口 (2015)
 - 計 526,872 増加
  [1]
等時帯 FET (UTC+3)
郵便番号 246xx, 247xxx
市外局番 +375 232(2)
License plate 3
ウェブサイト http://www.gorod.gomel.by

ホメリ (またはゴメリベラルーシ語ロシア語:Го́мель, 英語:Homyel, Gomel)は、ベラルーシの南東に位置する都市ホメリ州州都であり、48万1000人(2005年度調査)の人口を抱えるベラルーシ第2の都市。面積は113km2。町からおよそ8km離れたところにゴメリ空港英語版がある。

ウクライナの国境付近にあり、国際河川であるソジ川Sož)の右岸に位置する。ホメリ市庁舎の位置は北緯52度44分16.70秒、東経30度98分33.30秒。ソジ川のおよそ100km下流にはチェルノブイリ原子力発電所があり、1986年4月26日事故ではホメリも被害を受けた。

ホメリが都市として成立した正確な日付は不明であるが、12世紀年半から言及され、公式に1142年に受け入れられた。

1854年にはソジ川の左岸の位置に隣接している町ベリザ(Beliza)を併合した。

歴史[編集]

第二次世界大戦[編集]

大戦中、ホメリは1941年8月19日から1943年11月26日までナチス・ドイツの占領下に置かれた。ロコソフスキー率いる第一ベラルーシ方面軍英語版白ロシア戦線)のホメリ・レチツァ作戦により解放されたが町の8割は破壊され人口は激減した。登記によれば1940年の14万4千人から1万5千人以下にまで減少している。

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]