ホメリアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
地質時代 - 顕生代[* 1][* 2]
累代 基底年代
Mya[* 3]
顕生代 新生代 第四紀 2.58
新第三紀 23.03
古第三紀 66
中生代 白亜紀 145
ジュラ紀 201.3
三畳紀 251.902

古生代 ペルム紀 298.9
石炭紀 358.9
デボン紀 419.2
シルル紀 443.8
オルドビス紀 485.4
カンブリア紀 541
原生代 2500
太古代(始生代) 4000
冥王代 4600
  1. ^ 基底年代の数値では、この表と本文中の記述では、異なる出典によるため違う場合もある。
  2. ^ 基底年代の更新履歴
  3. ^ 百万年前

ホメリアン: Homerian)は、国際層序委員会英語版によって定められた地質学用語である、地質時代名の一つ。4億3050万年前(誤差70万年)から4億2740万年前(誤差50万年)にあたる、シルル紀ウェンロック世を二分した後期である。前の期は前期ウェンロック世のシェイウッディアン、次の期は前期ラドロー世のゴースティアン[1]。日本語ではホーマー期とも呼ばれる[2]

国際標準模式層断面及び地点(GSSP)はイギリスのシュプロッシャー州ホーマーの Sheinton Brook (北緯52度36分56秒 西経2度33分53秒 / 北緯52.6156度 西経2.5647度 / 52.6156; -2.5647)に位置する[3]

出来事[編集]

ウェンロック - ラドロー境界、すなわちホメリアン - ゴースティアン境界ではシルル紀で二度目の大量絶滅が発生した。前回の大量絶滅(テリチアン - シェイウッディアン境界)とは違って今回の大量絶滅は海洋中の高次の消費者を中心としており、魚類コノドントフデイシが大打撃を受ける中で放散虫は多様性を保っていた。このように絶滅パターンが異なること、またホメリアンの末に広域で炭素同位体の負シフトが起きていることから、古生代の中でも最も温暖であったこの時期の大量絶滅は温暖化によりもたらされたと考えられている[4]

生物[編集]

ボヘミアのホメリアン階 - ゴースティアン階からはフデイシDictyonema delicatulum が得られており、この種のタイプ標本はイギリスのウェールズから産出している。種同定までは至らなかったものの、日本高知県高岡郡越知町横倉山の沢に分布するG3層からも類似した同属のフデイシ化石が産出している。同層の灰白色から灰色を呈する石灰岩からはコノドント化石が多産し、腕足動物や鎖サンゴ類およびウミユリなどの化石も得られている[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ INTERNATIONAL CHRONOSTRATIGRAPHIC CHART(国際年代層序表)”. 日本地質学会. 2020年4月24日閲覧。
  2. ^ 鈴木寿志「地質年代区分2012」『日本地質学会第120年学術大会講演要旨(2013仙台)』、日本地質学会、2013年、 doi:10.14863/geosocabst.2013.0_629閲覧は自由
  3. ^ Homerian”. Mindat. 2020年4月25日閲覧。
  4. ^ 梅田真樹「O-83 シルル系放散虫生層序と絶滅イベント(10. 海洋地質,口頭発表,一般発表)」『日本地質学会学術大会講演要旨 第107年学術大会(2000松江)』、日本地質学会、2000年9月25日、 doi:10.14863/geosocabst.2000.0_53_1閲覧は自由
  5. ^ 加藤誠、安井敏夫「高知県横倉山のシルル系石灰岩から筆石の発見」『地質学雑誌』第85巻第10号、日本地質学会、1979年10月15日、 651-653頁、 doi:10.5575/geosoc.85.651閲覧は自由