ホリスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ホリスキー
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1979年4月13日
死没 2003年11月29日
マルゼンスキー
オキノバンダ
生国 日本の旗 日本 栃木県黒磯市
生産 鍋掛牧場
馬主 堀川三之助
調教師 本郷重彦(美浦
競走成績
生涯成績 19戦5勝
獲得賞金 1億8347万4300円
テンプレートを表示

ホリスキー日本競走馬。名馬マルゼンスキーの初年度産駒で、おもな勝ち鞍は菊花賞。また主戦騎手であった菅原泰夫はホリスキーの勝利で史上3人目の菊花賞連覇を成し遂げた。菊花賞勝ちタイムの3分05秒4は当時のレコードタイムであり、1992年ライスシャワーに破られるまで菊花賞のレコードタイムであった。

戦績[編集]

1982年1月東京競馬場でデビュー。新馬戦を惨敗した後、翌月の中山競馬場の未勝利戦で9馬身差で圧勝し初勝利をあげる。

その後、条件戦の連勝等もあり、東京優駿(日本ダービー)に駒を進めるもバンブーアトラスに大きく離された9着に終わる。

秋は条件戦を一戦挟んで菊花賞に出走。9番人気と低評価ではあったが、一番人気ハギノカムイオーの大逃げもありレコードで快勝。マルゼンスキー産駒初の八大競走勝利となった。

その後は、慢性的な脚部不安にも悩まされ、オープン1勝に終わったものの、1983年の天皇賞(春)で2着、翌年の同レースでも3着に入着するなど、長距離戦で力を発揮した。1984年天皇賞(秋)を最後に現役引退した。

なお、同馬の勝利したオープンは中央競馬会主催競走では最後の特別競走ではないオープン競走となった。

引退後[編集]

引退後は、マルゼンスキーの後継としてアロースタッドで種牡馬入りした。産駒はGI未勝利であったが、種牡馬としてもある程度の実績を残している。2003年に種牡馬引退。その年の11月、アロースタッドで老衰から来る心不全により死亡した。

代表産駒[編集]

ブルードメアサイアーとしての代表産駒[編集]

血統表[編集]

ホリスキー血統マルゼンスキー系(ニジンスキー系) / Menow 5×5=6.25%(父内)、Djebel 4×5=9.38%(母内)、Pharos 5×5=6.25%(母内)) (血統表の出典)

マルゼンスキー
1974 鹿毛
父の父
Nijinsky II
1967 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Flaming Page Bull Page
Flaring Top
父の母
*シル
Shill
1970 鹿毛
Buckpasser Tom Fool
Busanda
Quill Princequillo
Quick Touch

オキノバンダ
1970 鹿毛
*オンリーフォアライフ
Only For Life
1960 黒鹿毛
Chanteur Chateau Bouscaut
La Diva
Life Sentence Court Martial
Borobella
母の母
メジロビーナス
1963 栗毛
*ガルカドール
Galcador
Djebel
Pharyva
Valenciana Pharis
Djama F-No.5-e


Valencianaの系統からは、メジロモンスニー・メジロライデンが出ている。