ホルト城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホルト城
Holt Castle
カウンティ・バラ, ウェールズ
Remains of Holt Castle - geograph.org.uk - 352189.jpg
ホルト城の遺構
一部はウェストミンスター伯爵のイートンホール(ne)の石材として使われた 2007年撮影
座標 北緯53度04分41秒 西経2度52分49秒 / 北緯53.077919度 西経2.880256度 / 53.077919; -2.880256
地上高 10メートル (33 ft)
施設情報
一般公開 公開
現況 廃墟
歴史
建設 1282 -1311
建設者 ジョン・ワーレン
建築資材 砂岩
解体 1675 - 1683
主な出来事 オワイン・グリンドゥールの蜂起

ホルト城は、ウェールズカウンティ・バラのホルトに存在した中世の城で、13世紀、中世後期(en)に、ディー川沿いのウェールズイングランドの国境に建てられた。中世期に、正門にライオンの像が彫刻されていたことから、レオニス砦またはライオンズ城として知られた。17世紀にはほぼすべての石材部分は取り払われ、基礎部分が残るのみである。

建設[編集]

1277年から1311年の間に、地元の高さ12mの岬の砂岩を使って建築された。各角の塔を含んで正五角形の形をしていた。堡塁、内壁、裏門、城壁と強化されていった。また、ディー川から引き込まれた水で堀も張られた。特徴である塔は、城の周囲の岩壁に面して構築されており、内壁はルティン城とコンウィ城に似ている。

3Dで再現されたホルト城

歴史[編集]

城の始まりは1277年のエドワード1世のウェールズ北部侵攻で、ディー川のすぐ側に砂岩を基礎として、1282年にエドワード1世がこのホルトの地を自分に忠実なジョン・ド・ワーレンに与え、ワーレンが城を完成させた。1311年には建設は終了し、城の隣には移住者のために町が建てられた。

1世紀後ウェールズ軍は15世紀のオワイン・グリンドゥール蜂起の時に町を焼失させた。 16世紀にはホルト城は廃墟となっていた。エリザベス朝のジョン・ノーディンは地図製作のため、城を調査し"大きく損壊している"と記した。

第一次イングランド内戦(en:First English Civil War)は、ホルト城は主に王党派軍が駐屯していた。1643年に議会派が奪い、1644年春には王党派が取り返した。その戦いで降伏した議会派の13人の守備隊は剣とともに堀へ投げ込まれた。[1][2]1647年の1月、それらの戦いの9カ月後王党派統率者、リチャード・ロイド候はトーマス・ミットン(en 議会派の司令官)に降伏、ハーレック城が王党派が持つウェールズ唯一の本拠地であったが、その年の3月にはミットンの手に落ちた。[3]降伏後、ロジャー・ポープ(en)がホルトの議会員長の職に就いた。[4]城はその一年後に破壊された。[2][3]

1675年から1683年の間、内戦後に城の大部分は、トーマス・グロブナー男爵がイートンホール(ne)を建てるために船を使って下流へ運ばれた。[5]

18世紀には塔の一部と正方形の建造物が残されていた。

現在[編集]

今日、砂岩の基礎の一部が残すのみであるが、裏門や強化壁、塔の基礎部からその石積みの特徴を見ることができる。

脚注[編集]

  1. ^ Carlton 1992, p. 258.
  2. ^ a b Bingley 1839, p. 226.
  3. ^ a b Pettifer 2000, p. 66.
  4. ^ Williams 1895, p. 116.
  5. ^ Anon. (2002), Eaton Halls, Eaton Estate, p. 2 

文献[編集]

  • Bingley, William (1839), Excursions in North Wales: including Aberystwith and the Devil's Bridge, intended as a guide to tourists (3 ed.), Longman, Orme, p. 226 
  • Carlton, Charles (1992), Going to the Wars: The Experience of the British Civil Wars, 1638-1651 (illustrated, reprint ed.), Routledge, p. 258, ISBN 9780415103916 
  • Pettifer, Adrian (2000), Welsh Castles: A Guide by Countries (illustrated ed.), Boydell & Brewer, p. 66, ISBN 9780851157788 
  • Williams, W.R. (1895), Parliamentary History of the Principality of Wales,from the earliesr times to the present day, 1541-1895 ..., Brecknock: Priv. Print. for the author by E. Davis and Bell, p. 116