ホルヘ・ボニファシオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ホルヘ・ボニファシオ
Jorge Bonifacio
カンザスシティ・ロイヤルズ #38
Jorge Bonifacio (28852037254).jpg
2016年9月3日
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サントドミンゴ
生年月日 (1993-06-04) 1993年6月4日(26歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2009年 アマチュアFA
初出場 2017年4月21日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ホルヘ・ルイス・ボニファシオJorge Luis Bonifacio, 1993年6月4日 - )は、ドミニカ共和国サントドミンゴ出身のプロ野球選手外野手)。右投右打。MLBカンザスシティ・ロイヤルズ所属。愛称はエル・ボニ[1]

実兄は同じくプロ野球選手のエミリオ・ボニファシオ[2]

経歴[編集]

2009年12月9日カンザスシティ・ロイヤルズと契約してプロ入り。

2010年に傘下のルーキー級ドミニカン・サマーリーグ・ロイヤルズでプロデビュー。48試合に出場して打率.335・1本塁打・28打点・13盗塁の成績を残した。8月に渡米し、ルーキー級アリゾナリーグ・ロイヤルズでプレー。21試合に出場して打率.211・6打点・1盗塁の成績を残した。

2011年アパラチアンリーグのルーキー級バーリントン・ロイヤルズ英語版でプレーし、62試合に出場して打率.284・7本塁打・30打点・5盗塁の成績を残した。

2012年はA級ケーンカウンティ・クーガーズでプレーし、105試合に出場して打率.282・10本塁打・61打点・6盗塁の成績を残した。

2013年はA+級ウィルミントン・ブルーロックスでプレーし、54試合に出場して打率.296・2本塁打・29打点の成績を残した。7月30日にAA級ノースウエストアーカンソー・ナチュラルズへ昇格。AA級ノースウエストアーカンソーでは25試合に出場して打率.301・2本塁打・19打点・2盗塁の成績を残した。オフにはアリゾナ・フォールリーグに参加し、ピオリア・ハベリーナズ英語版に所属した。

2014年はAA級ノースウエストアーカンソーでプレーし、132試合に出場して打率.230・4本塁打・51打点・8盗塁の成績を残した。オフの11月20日にロイヤルズとメジャー契約を結び、40人枠入りした[3]

2015年は引き続きAA級ノースウエストアーカンソーでプレーして125試合に出場。30二塁打と17本塁打を放ってパワー面での成長を見せたが、打率は.240に終わり、出場試合数以上の126三振を喫するなど、ミート力の低さは改善されなかった。

2016年はAAA級オマハ・ストームチェイサーズへ昇格して1年間プレー。134試合で打率.277・19本塁打・86打点・OPS0.812という好成績を残し、130三振を喫したものの前年まで課題となっていたミート面で改善が見られた。また、7月にはオールスター・フューチャーズゲームに選出された[4]

2017年の開幕はAAA級オマハで迎えたが、4月21日にメジャー初昇格を果たし[5]、同日のテキサス・レンジャーズ戦でメジャーデビューを果たした[6]。23日の同カードではダルビッシュ有からメジャー初本塁打を記録した[7]。この年は113試合に出場して打率.255・17本塁打・40打点・1盗塁の成績を残した。

2018年3月10日に禁止薬物であるボルデノンが検出されて薬物検査違反で80試合の出場停止となった[8]6月28日に復帰した[9]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2017 KC 113 422 384 55 98 15 1 17 166 40 1 1 0 1 35 0 2 118 8 .255 .320 .432 .752
2018 69 270 236 31 53 16 2 4 85 23 0 1 1 2 29 1 2 71 3 .225 .312 .360 .672
MLB:2年 182 692 620 86 151 31 3 21 251 63 1 2 1 3 64 1 4 189 11 .244 .317 .405 .722
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

MiLB

背番号[編集]

  • 38(2017年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Royals Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月29日閲覧
  2. ^ Todd Traub (2014年5月20日). “Texas notes: Bonifacio looks to break loose”. MiLB.com. 2014年12月30日閲覧。
  3. ^ Royals acquire Fuentes; set 40-man roster ahead of tonight's deadline” (英語). MLB.com Royals Press Release (2014年11月21日). 2014年12月30日閲覧。
  4. ^ Tony Boone (2016年6月29日). “Outfielder Jorge Bonifacio could go far — and regularly does in the Chasers’ home park” (英語). Omaha.com. 2017年4月23日閲覧。
  5. ^ http://www.kansascity.com/sports/spt-columns-blogs/for-petes-sake/article146015869.html
  6. ^ Bonifacio makes Major League debut MLB.com (英語) (2017年4月21日) 2017年5月2日閲覧
  7. ^ Moose, Bonifacio homers can't stop Rangers MLB.com (英語) (2017年4月24日) 2017年5月2日閲覧
  8. ^ Jeffrey Flanagan (2018年3月10日). “Bonifacio suspended 80 games” (英語). MLB.com. 2018年3月19日閲覧。
  9. ^ Jeffrey Flanagan (2018年6月28日). “Bonifacio returns to Royals from suspension” (英語). MLB.com. 2018年7月2日閲覧。

関連項目[編集]