ホレイス・レヴィット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ホレイス・ホール・レヴィット(Horace Hall Leavitt、1848年7月8日 - 1920年4月30日)は、アメリカン・ボード宣教師である。Leaittはユダヤ系の姓で「レーヴィット」とも表記される。

1848年アメリカ合衆国マサチューセッツ州ローウェルに生まれる。1869年ウィリアムズ大学を卒業、続いて1873年アンドーヴァー神学校を卒業した。1873年来日し、大阪伝道を開始した。

1875年より一年間イリノイ州留学していた沢山保羅に会い日本伝道を勧めた。1876年に帰国した沢山を大阪に迎え、浪花教会梅花女学校の設立を指導する。しかし、極端な日本教会自給論を展開して、ミッションと対立する。1883年に本国アメリカに召還される。度々、沢山が再来日を求めたが、二度と日本へ派遣されなかった。

アメリカ合衆国では、アンドーヴァーで11年間、サマーヴィルでは13年牧会をした。また、沢山の後継者成瀬仁蔵の米国留学の世話をした。

参考文献[編集]