ホワイティ・ロックマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ホワイティ・ロックマン
Whitey Lockman
Whitey Lockman 1953.jpg
1953年当時のロックマン
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ノースカロライナ州ローウェル
生年月日 1926年7月25日
没年月日 (2009-03-17) 2009年3月17日(満82歳没)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手, 一塁手
プロ入り 1943年
初出場 1945年7月5日 セントルイス・カージナルス
最終出場 1960年6月24日 サンフランシスコ・ジャイアンツ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • シンシナティ・レッズ (1960)
  • サンフランシスコ・ジャイアンツ (1961 - 1964)
  • シカゴ・カブス (1966, 1972 - 1974)

ホワイティ・ロックマンCarroll Walter "Whitey" Lockman, 1926年7月25日 - 2009年3月17日)は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州ローウェル出身の元プロ野球選手・監督。

経歴[編集]

1943年ニューヨーク・ジャイアンツと契約、1945年7月にメジャー昇格を果たした。このシーズン32試合に出場し打率.341を記録して将来を期待された。兵役を経て1948年にメジャー定着、キャリア・ハイの18本塁打、68打点を記録した。

1951年10月3日のナショナルリーグ優勝決定プレイオフ第3戦では3点ビハインドの9回裏、ブルックリン・ドジャースのエース、ドン・ニューカムからタイムリー二塁打を放つ。これでニューカムはマウンドから降り、ボビー・トムソンの『その一打が世界を変えた("Shot heard 'round the world")』逆転サヨナラスリーランホームランにつながる。

1956年途中にジャイアンツはセントルイス・カージナルスとの間でロックマン、アルヴィン・ダーク、レイ・キット、ドン・リドルとジャッキー・ブランド、ジャック・リトルフィールド、ビル・サルニ、レッド・ショーエンディーンスト、ゴードン・ジョーンズの4対5の大型トレードを行った。

しかし翌1957年のシーズン前にホイト・ウィルヘルムとのトレードでジャイアンツに戻ったが、1959年ボルチモア・オリオールズに金銭トレードで移籍した。このシーズン途中にシンシナティ・レッズへトレードされ1960年限りで現役を引退した。

レッズではフレッド・ハッチンソン監督の下、コーチを兼任。1961年からジャイアンツのコーチに就任した。1972年のシーズン途中、レオ・ドローチャーに代わってシカゴ・カブスの監督に就任し、1974年途中まで務めた。

その後は育成部長、スカウトなどを歴任した。2009年スコッツデール (アリゾナ州)で没した。

詳細情報[編集]

通算成績[編集]

































O
P
S
1666 5940 1658 222 49 114 836 563 43 383 552 19 64 .279 .342 .391 .732

記録・表彰[編集]

メジャーリーグ

関連項目[編集]